スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

整形外科最小侵襲手術ジャーナルNo.30

 2007-09-11
こんにちは。
秋雨っぽい雰囲気になって来ました。

今日は、御要望のありましたTFCC関連の書籍について。

正直、オススメ本やら、オススメの病院等は悩みますね。
満足頂けないと申し訳ないので。

TFCC損傷関連の書籍は、「あまり無い」のが現状です。

数少ない、手の外科専門書は…高い!!!

標準的な整形外科の書籍では「さわり」しか触れてないのが多く、
古い書籍ではTFCCと言う言葉すらありません。(手首の関節円盤って表現)

なので、私もTFCC関連の書籍探しは苦労しました。
あっちこっちの書店の医学書コーナーに行っては、整形外科コーナーを
端から端までチェックして。

随分と無駄?な本も買いました。(笑

そういった中で、これは少しは参考になるかなってのを幾つかゲットしたので
紹介したいと思います。

ただ、最初にお断りなんですが、紹介する本は医師向けの定期発行物ですので
一般の方には内容(用語)が難しいかもです。

私も本を読んで分からない事が多々あり、ネットでも載ってないので、
それを調べに医学書コーナーへ向かった事が何度もありました。(爆


まず、一冊目は、

整形外科最小侵襲手術ジャーナル(No.30)

TFCC損傷


特集が「最小侵襲から観たTFCC損傷治療の最近の動向」です。

「全日本病院出版会」発行の2004年2月号です。
価格は2.940円でもう三年前の本なんで、在庫が心配です。


―目次―とー見出しー

手関節尺側部痛の原因と鑑別診断 ー稲垣弘進ほかー
 
  手関節尺側部痛の原因疾患と,診断に際して必要な理学所見と
  画像診断を中心に記載した。
  それぞれの所見を総合的に判断する事が大切である。


TFCCのバイオメカニクス
TFCCの解剖と尺骨短縮骨切り術の効果 ー笹尾三郎ほかー

  遠位橈尺関節不安定症に対する尺骨短縮骨切り術の効果を
  解剖結果を基に検討し。.


TFCC損傷の画像診断 ー中村俊康ー
 
  手関節TFCC損傷の画像診断として関節造影,MRIについて述べた。

手関節TFCC損傷の鏡視下部分切除術 ー木戸健司ー
 
  最小侵襲の観点から手関節TFCC損傷に対する鏡視下部分切除術に
  ついて手術手技を中心に紹介した。


TFCC損傷の鏡視デブリドマン ー西川真史ー
 
  鏡視下TFCC部分切除治療の長期成績は良好な結果であった。
  正確な診断と切除手技が重要で,本法はTFCC治療の第一選択と
  と考えている。


ホルミウム・ヤグレーザーによる鏡視下デブリードマン ー藤原雅雄ほかー
(デブライドメント)
 
  ホルミウム・ヤグレーザーは鏡視下デブリードマンにおける
  軟骨損傷の回避と手術時間の短縮を可能としたが
  骨壊死を未然に防ぐために適切な使用が重要である。


TFCC損傷の鏡視下縫合術 ー柴田節子ー
 
  TFCC損傷の診断方法と手術適応に基いた分類,TFCC repair
  S-wierを用いた鏡視下縫合術の方法と成績について述べた。

TFCC損傷に対する保存療法(自然経過)と尺骨短縮術 ー水関隆也ー
 
  多くの三角線維軟骨複合体損傷は保存療法で痛みがとれる。
  性急な手術は戒めるべきである。難治性の症例では尺骨プラス
  変異のことが多く尺骨短縮術が有用である。


TFCC断裂を伴わない尺骨突き上げ症候群の病態 ー阿部幸雄ほかー
 
  尺骨突き上げ症候群の病態は十分には解明されていない。
  今回,Palmer分類に該当しないTFCC断裂のない同症候群の
  治療経験からその病態に対する疑問を提示した。


三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷治療のメタ分析 ー土井一輝ー
 
  TFCC損傷治療に関するEBMを満足する報告はない。
  半定量的研究も加えた検討でも,各手術方法において相当数の
  非治癒率が存在することより,TFCC損傷治療の再検討が必要である。



(↓画像クリックで拡大します)
手関節尺側部痛の原因と鑑別診断ーのページより



TFCC損傷の画像診断ーのページより



手関節TFCC損傷の鏡視下部分切除術ーのページより
 

関節鏡内はムズカしい~。今イチ、TFCCの立体的なイメージがつかん…。(笑


TFCC損傷の鏡視下縫合術ーのページより


TFCCの断裂と一口に言っても、沢山の断裂の分類があります。
それによって手術方法も違います。

TFCC断裂を伴わない尺骨突き上げ症候群の病態ーのページより


この記事は管理人的に興味深いです。

あとは、最後の

三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷治療のメタ分析の論文ですね。

非治癒率について触れてます。
成功例だけでなくそのようなデータ収集もとても重要です。

以上が、
整形外科最小侵襲手術ジャーナル(No.30)

の大雑把な内容です。

注意点は、
この書籍は、教科書ではなく、医師向けの論文である事。
論文だけに、それぞれ筆者の主観も入ってると思われるので、
読み手は俯瞰で読んだ方が良いかも。

あと、基本的に専門用語がビシバシです。(笑

そんなに治療方針に変化は無いとは思うが約4年近く前の書籍である事。

出来れば、購入前に実際に手に取って確認される事をお薦めします。

とは言っても、中々医学書を置いてある書店は無いですよね。

新宿にあるジュンク堂や紀伊国屋書店、有隣堂、丸善などには
医学書コーナーはありますが、バックナンバーの充実がどうか…。


手の外科専門書関連でも1記事くらいしか載ってない中で、
丸々一冊TFCC特集ってのは、結構貴重かもしれませんね。

整形外科最小侵襲手術ジャーナル(No.30)

以上、TFCC損傷関連本についてでした。
あと、何冊か紹介していきます。



コメント
こんばんは。
一番始めの画像、触診をしている所ですか?
前に私が診察してもらった時も、あのようにして、触ったり動かしたりされました。
「これ、痛いよねぇー?」って…。分かってるなら、“曲げないで!!”って感じでした(^^;)
画像、とても勉強になります。字が読めないのは残念ですが、写真を見てなんとなく、TFCCのイメージが掴めました。実際に読んで見たいですが、医学書の置いてある書店が近くに無いので残念です…。
【2007/09/11 21:08】 | 響香 #iuvM2DXA | [edit]
ブログを読ませていただき大変、参考になりました。と、同時に恐怖が…
私は、25歳女です。今年1月に仕事中、電動の配膳車を運んでる際に止まらなくなり壁と配膳車の間に挟まれ尺骨茎状突起骨折をしたんですが、キプスを1カ月し完治したものだと思ってました。しかし、重症心身障害児施設で介護の仕事をしてるのですが、ここ最近、急激に痛むようになりサポーターを付けて仕事をしてたんですが、先週、休みの間に病院に行ってみることにしました。すると、尺骨突き上げ症候群と診断され電気と温熱治療を受けたんですが、余計痛くなり、先週末には、指が開かないのと握力もほとんどなくなりました。そこで、今週の月曜日に大学病院に行ってみることにしました。すると、尺骨突き上げ症候群ではなく、靭帯がゆるいため尺骨頭が傾いてると言われました。触診も色々とやっていただきました。先生は以前の骨折が本当に治ってたのか疑問の様子で、よくよく考えたら腱鞘炎かな?と思うような症状がずっとありました。今月、26日に大学病院より画像の良い病院を紹介していただきMRIを撮る予定なんですが、 紹介状には「遠位とう尺関節及びTFCCの損傷の疑い」と書かれています。「遠位とう尺関節の不安定性あり」とも…
まだ、検査が済むまではどうなるか分からないですが、仕事もできない状態で困ってます。負担の少ない部署に異動は決まってるんですが、復帰できるのか…。上記の説明で手術の可能性があるかどうか分かりますか?手術をすると、治療に1年かかるんですよね。ギプスでも数か月かかるみたいで。こちらのブログを参考にさせていただきたいのですが不安になってきました。長々とすみません。また、覗かせていただきます。
【2007/09/12 03:13】 | RH #- | [edit]
管理人さん、こんにちは。
手関節等(TFCC損傷)についてオススメの本
早速取り上げて下さってありがとうございます。
目次をみただけで本屋に駆け込みたくなりました。とても興味あります。
注意点『筆者の主観』確かに…
取りあえず【整形外科最小侵襲手術ジャーナルNo.30】探してみます(*^_^*)
ありがとうございました。
【2007/09/12 12:13】 | ナオ #- | [edit]
響香さん、こんにちは。
>“曲げないで!!”って感じでした
確かにそうですよね。やられると、瞬間的にむかつきますよね。
遠慮しないですからね。(笑)ただ、嫌がらせでは無く、その時の
患者の痛がり方で重症度を見てるってのもあるので、どうしても
検査は強めになりますね。
特に筋肉系の検査は、弱いとただのマッサージになっちゃいますから。(爆
>字が読めないのは残念ですが…
ごめんなさい、意図的に読めない様にしてます。著作権とか考えて。
次回は、響香さんが興味あるであろう、DRUJ関連書籍を紹介予定です。
これまた古い本ですが…。
【2007/09/12 12:15】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]
ナオさん、こんにちは。
>目次をみただけで本屋に駆け込みたくなりました
普通の人には、これっぽっちも興味のなさそうな内容でも、
我々には、よだれが出そうな目次ですよね。(爆
あと、数冊紹介していきます。
【2007/09/12 12:29】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]
RHさん、はじめまして、こんにちは。ようこそお越し下さいました。

コメントを読まさせて頂きました。大変でしたね。(+進行形)
内容が沢山ありますので一つずついきますね。

まず、尺骨茎状突起骨折に関してですが、
>先生は以前の骨折が本当に治ってたのか疑問の様子で
レントゲンを見てないので分かりませんが、
茎状突起骨折は、結構多いのですが
転位(ズレ)が無ければそのままってのが多いですね。
ただ、最近では、TFCC損傷との関連(損傷&疼痛の引き金)も言われ始めてるので、
病院によっては茎状突起にワイヤー固定などをしますね。
>ここ最近、急激に痛むようになり…
>尺骨突き上げ症候群と診断され電気と温熱治療を受けた…
> 余計痛くなり
この内容から判断すると、少し炎症が強いようですね。
急性期の温熱療法は疼痛を助長しますので注意が必要です。
患部に熱感があったり、風呂で温めると痛みが増す時は
冷やしたり、湿布を貼った方が良いですね。
(基本は安静…、難しいとは思いますが…。)

>尺骨突き上げ症候群ではなく、靭帯がゆるいため尺骨頭が傾いてる
尺骨頭が傾いてる…?この表現が分かりかねますが、
「靭帯がゆるいため」の文から判断すると、尺骨が背側に浮いて
亜脱臼気味って事なんでしょうね。

>上記の説明で手術の可能性があるかどうか分かりますか?
「尺骨突き上げ症候群ではなく」との事であれば、骨切り術は無いですね。
TFCC損傷に関しては、基本は保存療法で手首の固定ですが、
外傷後7ヶ月以上経ってからの発症ですからね、
保存ではきついかなってのが正直な感想です。

TFCC損傷の部位によって手術は違いますが、
TFCCの部分切除術や縫合術があります。
また、「遠位とう尺関節の不安定性あり」との事なので場合によっては
靭帯再腱術などもあるかもです。(一概には言えませんが)

>手術をすると、治療に1年かかるんですよね。
>ギプスでも数か月かかるみたいで。
TFCCの部分切除術なら、数日の固定でリハビリ開始で数週間~1,2ヶ月だと思います。
TFCCの縫合術だと6週間くらいギプス固定が必要だと思います。
そこからリハビリですから、3ヶ月位は見た方が良いと思います。

骨切り術をすると骨のつき具合や、1年後のプレート除去術を含めると何だかんだで
1年半くらいは治療にかかると思いますがTFCCの切除や縫合なら、数ヶ月で治療は
済むと思われます。

ただ、RHさんの場合、ちょっと気になるのが、私と同じで靭帯の弛みですね。
そこらへんをどうするかによって、治療期間が違うと思います。
手首が使えないと本当につらいですよね。
大変だとは思いますが、頑張って下さい。

【2007/09/12 13:49】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]
ご丁寧にお返事ありがとうございます。
尺骨頭が傾いているとゆうのは、紹介状に「背側に偏位」と書いてあります。右と比べて不安定で骨がガクッガクッとなるのが分かります。
骨折はレントゲンに剥離した部分が残ってるようです。自分で見ても分かります。
最初の病院で湿布をもらったんですが、肌が弱くすぐかぶれるので湿布ができません。サポーターはかろうじて大丈夫なんですが。安静にしときます。
親指と人指し指の間以外、指が開かないのが心配です。骨折した時もそうでしたが麻痺してるんでしょうか…
介護の仕事で移乗の仕方は色々あるのですが、二人で行う移乗で手首をひねって抱えることがあり、それが特に骨折後の手首に良くなかったんじゃないかと思います。
手術にも色々あるのですね。前回の骨折で下りてるから労災が下りるか分からないし早く仕事に復帰したいので短期間で治せる方法だと良いです。
どうなるのかまだ、分からないので、MRIの結果が分かって、また報告します。また、色々と教えていただけるとありがたいです。
大変そうですが、管理人さんも頑張って下さい。
【2007/09/13 21:18】 | RH #- | [edit]
RHさん、こんにちは。
>麻痺してるんでしょうか…
え~?、医師はその事について触れてないのですか?
前回のコメントにもあり、その後に大学病院に行かれてたので、てっきり
医師からの説明があったのかと思ってました。
痛くて、手を開く事が出来ない訳ではなさそうですね。

手の指の動作の表現は難しいのですが、中指を基点として人差し指と薬指を開く
動作(中指から人差し指と薬指を離す動き)を「外転」と言います。
逆に、近づける動きを「内転」と言います。
その動きが困難になったり、薬指や小指に知覚障害やしびれがあれば
尺骨神経障害(麻痺)が疑われます。

大抵、尺骨神経障害に関係する場所は「頚椎、肘、手首」に分類されます。
頚の神経根障害などであればスパーリングテスト等の徒手検査、
レントゲン(斜位像←椎間孔チェック)
ヘルニア等ではMRI検査。

肘では「肘部管症候群」などがあり、前回のRHさんのコメントにあった
腱鞘炎症状がもし尺骨内側に沿う痛みやしびれがであれば、この可能性もあります。
お仕事が重労働なので、前腕の酷使(特に屈筋群)による神経圧迫も考えられます。

あと、手首の尺側のギヨン管で尺骨神経が圧迫される「ギヨン管症候群」も
あります。これは、手首(手根骨)の骨折後に起こる場合もあります。
ギヨン管の場合は肘部管と違い、薬指、小指の背側の知覚障害
ありません。掌側のみです。
「背側骨間筋などの萎縮」、「フローマン徴候」などもチェック項目ですが、
ここでの活字だけの説明も分かりにくいと思いますので、
よければこれらのキーワードで検索してみて下さい。
あと、こちらのサイトも分かり易いので載せておきますね。
http://www.orth.or.jp/Hospital/hizi/tyuubu.html(肘部管症候群)

コメントにある「握力がほとんどなくなった」と言うのが気がかりです。
TFCC損傷でも多少の筋力(握力低下)はありますが、ちょっと気になります。
神経は早い治療が大切です。TFCCともども診察された方がよろしいかと。
大雑把な説明ですみません。
頑張って下さい!
【2007/09/14 14:54】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]
度々ありがとうございます。
手の専門医が4人いらっしゃったんですが先生への私の説明不足だと思います。主に痛みのことを気にされてたから、言う機会がなく…あれまあれまで終わってしまいました…。。それと、「力抜いて」と何回も言われたんですが痺れてて重い感じで力が入ってるのかも自分では分からない状態で先生も困ってました。そのために、診察の先生がカルテを書かれてる方に最後に「力入っててあとはよく分からんわ~」と言われてました。誤診を受けた病院では触診がなかったし、大学病院では、とても丁寧に診察していただいたと思うんですが大学病院より画像の良い病院を紹介されたのは、不明な点が多いからかなぁと思います。確かに最初頃は、痛みが気になっておかしいと思い始めたんですが、誤診を受けた病院で温熱・電気治療を受けた翌日ぐらいから、痺れが気になるようになりました。痛くて開けないんじゃないんです。力が入らなくてか入れてるつもりでも開かなくて…。特に薬指です。当初に比べたら、痛みを伴って多少は開くようになった気がしますが、やはりおかしいなぁと。コメントに書いていただいたのを検索してみると尺骨神経が、薬指に長く伸びてるようで近いなぁと思う症状がいくつかあります。指の伸屈はできるし(右手に比べたらおぼつかない感じで曲がってる状態が楽ではあります)、はっきりこれとは分からないんですが。時折、肘当たりからビリビリ痛みます。腱鞘炎かなと思っていた症状は、手芸をしたりピアノを弾いたりする際に尺骨側で痺れがあり筋が突っ張るような症状でした。手を振って治していました。素人の説明で申し訳ありません。色々と勉強になり、感謝しております。MRI撮影が今月26日で大学病院受診が10/2の予定で少し先で不安なんですが、MRIの病院で受診も考えてみます。
【2007/09/16 12:39】 | RH #- | [edit]
RHさん、こんにちは。
>私の説明不足だと思います。
なかなか、医師にすべて的確に説明をするのは難しいですからね。
仕方ないですよね。
症状を拝見しましたが…、
う~ん、症状からすると、色々と考えられますね。
精密検査をしないと何とも言えないですね。
>大学病院より画像の良い病院を紹介された…
大学病院より?
イメージ的には大学病院が一番最先端っぽいですけどね。
分からんもんですね。
勤めてた整形外科の院長が言ってましたけど、
MRIは撮影する技師の腕に左右されるそうです。
たまに院長も「肝心な所が写ってない」って怒ってましたから。(笑
スペシャリストがよその病院にいるのかな?
TFCC損傷に関して言えば、MRIもそうですが、より確実に診察するには
関節造影なんですよね。
(一番は関節鏡ですが。治療と一緒に行うかたちですね。)
どっちにしろ、しびれ、痛みの原因が1日も早くわかって、治療が
始められると良いですね。
手首が使えなかったり痛かったりするのは、ホント辛いですからね。
大変だと思いますが頑張って下さい。
【2007/09/18 14:34】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://r134super.blog88.fc2.com/tb.php/110-59a68bed

  • 心臓超音波テキスト【画像診断を極める】
    先日、買いました。これが一冊目の心エコーの本です。これを読んで、早速、救急外来の患者さんで心エコーをやってみたら、今まで以上にうまく心臓の状態を把握することができました。文章は丁寧で、エコー図がカラーなので読みやすく、理解もしやすいです。情報量も豊富なの
【2007/09/27 21:15】
  • 心臓超音波テキスト【画像診断を極める】
    先日、買いました。これが一冊目の心エコーの本です。これを読んで、早速、救急外来の患者さんで心エコーをやってみたら、今まで以上にうまく心臓の状態を把握することができました。文章は丁寧で、エコー図がカラーなので読みやすく、理解もしやすいです。情報量も豊富な...
【2008/01/07 07:33】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。