スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

手首が痛い

 2011-03-31
急に手首がほとんど動かせません。
大抵は半日で治まるのに今回は数日間続いてる。

手のひらを下に出来ないのでまいりました。
キーボード入力が困難です。

今も体を傾けて書いてます。
その体勢でもかなりの激痛です。

簡単に言うと手首をぎゅーっと締め付けられてる感じ。
握手した時にものすごい腕力の人に力一杯握られたような痛みです。

その強烈な痛みが手首に走ります。

骨と骨がぶつかる痛み?
何かが挟まってるのか?
とにかく痛い

遊撃手さんからメールを頂いたので返信したいのですが、
ちょっと出来ません。
すみません。
カテゴリ :TFCC損傷・尺骨突き上げ症候群 トラックバック(-) コメント(2)

手首の痛みで10万人突破

 2011-01-22
いまさらですが、あけましておめでとうございます。

当サイトのへのご訪問者数が10万人を突破していた模様です。

それだけ手首の痛みを抱えてる方が多いという事ですね。

手首ほど複雑な動きをするところはありませんからね、
一度壊れると本当に厄介です。

なおかつ、朝起きてから寝るまでの間に
動かない時は無いってくらいに常に使う関節ですからね。

痛めた人にしか分かりませんが、
つらいものがありますよね。

最近は、「手首の調子は?」って聞かれるだけでイラッとします(笑)

「説明したところで、この痛み、わかんね~だろ?」

って意味不明な怒りがこみ上げます(笑)

ま、そんなのはどーでもいいですが
最近は奥歯が痛くて飯を食うのにも一苦労です。

何もしなければ痛くはありませんが、
噛むと激痛。

「歯医者にいけよ!」って事はいやっつー程分かってますけどね…。

たとえ歯医者でも、人間不信ならぬ、医者不信になってからは
医者という業種には拒絶反応が出ます。(笑)

ホント、メンドクセー体質です。

ってか、メンタルですね。(笑)

実家の父親が鬱病を発症して何年も経ちますが、
今度はお袋がかなりの鬱病になってきた。

不安で不安でしょうがないらしい。
心療内科で薬をもらってるが効かないと嘆いてる。

しゅっちゅう電話がかかってきてそれを口にする。

不安の原因は俺の責任でもあるし、
返す言葉も無いのだが、ひたすらポジティブな説得の繰り返し。

自分の事ですらポジティブになれなくてしんどいのに
自分以外の人を勇気づける話をするのは本当に疲れる。

オマケにオヤジは糖尿病からの顔面神経麻痺を発症。

なんか楽しすぎる家族です。(笑)

生きるってめんどくせーなって思いたくなる今日この頃ですよ。

必死に病気と闘ってる人が見たら怒るかもしれませんが。

まあ、自業自得なんでしょうね。
世の中に平等なんてもんは存在しないし、
全てが現実だし、事実。

夢とか希望とか遠くばっかり見てると妄想でおわっちゃうから、
キッチリと足元(現実)を見つめないといけませんね。

あ、そうそう、先日、合気道の特集をテレビでやってて
前からやりたいなと思ってたワケですよ。

で、実際の技?の実演風景を見てたら、
合気道って手首とか肘とかを極めまくるんですね。

私は両肘、両手首のうちの右肘以外がぶっ壊れてるので、
無理な事が分かりました(笑)

ただでさえ三関節が破壊されてるのに、
これ以上関節を破壊されたらたまらんです。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(6)

TFCC損傷した人の手首の状態

 2010-12-03
無料ブログは…、うっとうしいもんをベタベタ貼られるし、突然終了したり、勝手に削除されたりと
タダより煩わしいモノは無いですねw。

WordPressに移行したいな~。

TFCC損傷して尺骨骨切り短縮術した手首は絶不調です。

痛いです。

ゴリゴリ言います。

むかつきます。

役立たずの手首です。

オマケに反対の肘もそろそろ限界っぽいし。

四面楚歌です。

マヌヒットのサポーターがいつまで経っても手放せません。

人生、まーそんなもんですw
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)

TFCC損傷の症状に対して思うこと

 2010-04-15
よく言われるTFCC損傷の症状には、

・ドアノブを回すと痛い
・蛇口をひねると痛い
・タオルを絞ると痛い  等、

要は、
手を尺骨側に傾けて力を入れると痛みが出ると
巷ではよく言われます。


で、整形外科を受診すると、

徒手検査で

医師と握手をした状態で、手首を尺屈させて、
そのまま、長軸方向(肘に向かって)に力を入れて
痛みの有無をチェックします。


また、
その状態で回内、回外させて
痛みの有無をチェックします。


これが一般的なTFCC損傷の徒手検査です。


…なのです、

がっ!


自分の場合、これで痛みを誘発出来ませんでした。


この徒手検査の精度はどうなんだろう?と。

確かに腕相撲の時、負けそうな状態で力を入れたり、
指圧時に力を入れると激痛でしたが。


また、
自分が思うに
完全に靱帯が断裂していたり、
損傷期間が長かったりすると出ない場合もあるのかなと。

私の場合は完全断裂で、尺骨が手根骨にぶち当たり、
軟骨が剥がれていましたから。


そのくらいの派手な損傷状態でも、
上記の一般的なTFCC損傷検査では、
さっぱり陽性反応が出ませんでした。


なので、最初に整形を受診して
検査を受けると


「ん?案外、大したこと無いんじゃない?」的な

嫌な空気が現場に流れます(笑

MRIで見ても
膝のように大きな靱帯では無いので
わかりにくいですし。

実際に手術を行って
内視鏡で関節内を見て、
初めて
手首の損傷状態があらわになります。


で、周りから、

「こんなにひどいのに我慢強いね」と

手のひらを返した、
要らん慰めの言葉を頂戴します(笑




コメントを頂いた方、
最近は返信をすっぽかして申し訳ございません。

何名かの方々に頂いたコメントを放置してしまってます。

手首に関しては色んな葛藤があり
返信出来る気分では無いので…。

近いうちに返信出来たらと思っています。

去年ぐらいから放置しているので
もう、ご覧になられてはいないと思いますが、

もう少々お持ち頂けると幸いです。

すみません。

カテゴリ :TFCC損傷・尺骨突き上げ症候群 トラックバック(-) コメント(4)
タグ : TFCC損傷 手首 症状

カテゴリ別のピックアップ記事

 2010-04-02
カテゴリ別にポイントの記事を管理人がピックアップしました。


1.TFCC損傷・突き上げ症候群について

○セーフスについて
○手首のCT画像
○TFCC(三角繊維軟骨複合体)とは

○Sauve-Kapandji(ソーベカパンジー)手術

○滑膜について1
○滑膜について2
○ROM(関節可動域)
○素朴な疑問?
○素朴な疑問?のつづき
○素朴な疑問?の答え
○脱臼と亜脱臼の定義
○X線撮影 (ポジショニングによる撮影結果の違い)
○遷延治癒骨折、偽関節について



2.入院まで

○精密検査(2006/04月の話)
○関節造影画像
○入院に向けて(06/11月の話)
○左手首の状態(X線)



3.入院生活

○入院初日1
○入院初日2

○手術当日1
○手術当日2
○手術当日3

○手術翌日1
○手術翌日2

○手術後の入院生活
○プチ白い巨塔
○退院
○抜糸



4.術後の経過

○切断した骨
○定期診察(術後47日目)
○創(傷)の具合と可動域
○定期診察(術後3ヶ月ちょっと)
○術後4ヶ月弱の状態 
○定期診察(術後140日) 

○再手術のススメ1
○再手術のススメ2

○3D-CT検査に行きました 
○定期診察(術後7ヶ月)
○定期診察(術後9ヶ月)

○3D-CTの詳細1
○3D-CTの詳細2



5.抜釘手術

○抜釘手術前編
○抜釘手術後編
○術後の痛みの対処法
○骨をつないでいたプレートの画像



6.禁煙奮闘記

○禁煙50日(禁煙TRYの話)
○禁煙150日
○禁煙250日
○禁煙500日



7.その他

○注射と痛み

カテゴリ :ここに主要な記事をまとめています! トラックバック(-) コメント(0)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。