スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

抜糸

 2007-02-28
退院の翌々日、診察に行きました。
最初の予定では抜糸はもう数日後。

担当医『あ、もうついてるね、抜糸しちゃう?』

疑問系で言われても…と思いつつ抜糸の方向で。
問題なければOKです、と心の中で思う。

担当医『若いから、つきが早いね~。』

久々に若いなんて言葉を言われました。(照れ
この調子なら骨もちゃっちゃっとつくな!と思ったのですが
大きな誤算でした…。

特に痛い思いもせずに抜糸終了~。(約、一週間で抜糸でした。)
 

こんな塩梅です。因にこの透明テープがこの間書いた記事のフィルムです。
右の画像の手首の真ん中にある赤い点は関節鏡をいれた跡です。一針縫ってます。

この数日後に今度は執刀医の診察を受けます。
このフィルムを べりべり~ と剥がされた時は痛かったですね。

抜糸した創は衝撃が加わらなければ開く事は無いとのお言葉を頂戴する。

痛みについて色々と話しをすると、

   骨格が変わったから!

という事をたびたび強調される。

手首の骨格が大きく変わった為、それに馴染むまで時間がかかる事、
手首が硬くなるので、しばらくは違和感がある等々、説明うける。

時間が経つにつれ、また回外障害に直面して、骨格の変化を
痛感している今日この頃です。

今のところ、この日以降執刀医の診察はありませぬ。
若手の担当医のみの診察ざんす。

スポンサーサイト
タグ : 抜糸

祝・退院!

 2007-02-27
こんにちは。

風邪やら何やらですっかり放置状態であった入院体験記の続きです。

12月初旬、退院の朝を迎えました。

長かったような、短かったような、しんどくて、痛くて…、
でも人生において色々と勉強になった、
また、自分をみつめ直す為の貴重な1週間でした。

入院する前は、あーだ、こーだ、と、先の事を考えると絶望的になって
ばかりいましたが、手術して、まずは一寸だけ前進。
とりあえずは先の事ばっかり考えてもしょうがないので、
右手首の回復だけに集中。
少し気持ちの切り替えが出来て、精神的に楽になりました。

入院・手術の大変さ(私のは楽な方ですが)を身を以て体験した事は
とてもいい経験だったと思います。(出来ればもうしたくないですが…)

最後の朝食を食べて、帰り支度を始める。
一通り支度を終えて、看護師さんの伝票待ち。

1~2時間、あったでしょうか。病室から手術日以来、外をしばし
ボ~っと眺める…。
相変わらず世の中は、何事も無いかの様に刻々と時を刻んでます…。
感慨にまたまたふけります…。

看護師さん登場。伝票頂戴します。

金額確認。
  
    わおっ!

大体見当はついてましたが、改めて現実に戻ります。(笑

伝票握りしめて、キャッシュコーナーへ。

諭吉を15人程引きずり出して、受付に提出です。
そこで、領収書と確認書を頂いて、再び病棟へ。
看護師さんに確認書を渡して、お別れの挨拶をしておしまいです。

私は入院も退院も1人だったので、結構さびしいものです。

そして、一週間ぶりに自宅へ帰ります。

寒いです。温度管理されてる病棟に長く居ると余計に外の寒さを
感じます。

溜まった洗濯物を洗濯機にぶち込んで、ホコリの浮いた床に掃除機かけて…、

 片手生活スタートです。

タグ : 入� ∥牘 ー蟒�

1000人突破!

 2007-02-25
こんにちは。お久しぶりです。

先週の土曜日に風邪をひいてから一週間。
何とか体調が戻って来ました。

更新が滞ってた今週半ばに、blog開設以来の訪問者数が累計で

    
     1000人、突破いたしました。


同日の重複カウントをしてない中でこれだけの方々に御訪問頂き
うれしく思うのと同時に、沢山の方々が手首の痛みを発症している事を
再認識しました。

blogの内容は私の個人的な感想、また、素人の調べた記事でありますので
至らない点が多々あるかと思われますが、これからもあたたかい目で
みて頂けると幸いです。

これからもちょっとづつではありますが、入院、手術、治療などの不安を
抱えてらっしゃる方々の参考になれるように頑張ります。

有り難うございました。

タグ :

風邪引きました

 2007-02-17
こんにちは。

入院生活日記が退院目前にて更新滞ってます。すみません。

1年以上振りに風邪引いたみたいです。

なんとか仕事を終えて帰って来ましたが、風邪の諸症状が
一通り出始めてます。

ビタミン摂って寝ときます。

おやすみなさい。


タグ :

プチ白い巨塔

 2007-02-13
一週間の入院も 間もなく終わりを告げる月曜の朝、
院長回診があるという情報を小耳にはさむ。

食事の時に担当の看護師さんからは何も告げられない…。
普段であれば、朝食後、一息ついたらその辺にちょっと
出かけたりするのだが、今日はそんな情報をつかんだので

そのままベッドにて待機…。

看護師さん教えてよ…。

何となく、廊下に緊張感…、

気のせい?

遠くの方からガラガラ、がやがや…と…。

だんだん近づいて来ます。

我が病室へ突入してきました!

入り口の患者さんが取り囲まれてます。

その隙に担当医が私の所へ…、はさみをシャキーンと取り出します。
そのままチョキチョキ私の包帯切り始めます。

私の右腕があらわに…、きゃっ!…(ってすいません。)

冗談はさておき、

そこに、看護師長と副院長が御登場!

師長が創を見て『きれいですね~」と一言。
担当医と副院長が色々とやりとりしてます。

副院長は足早に次の患者へ。
担当医は新しい包帯を巻きます。

非常に慌ただしいです。
そんな感じで嵐の様に通り過ぎて行きました。

…包帯切らなくても…、…汚れてないし…、と、ちょこっと思いました。
ちなみに副院長=執刀医です。

月1しか無いらしいので良い経験でした。

ちょっとした白い巨塔です。

タグ : 院長回診 白い巨塔

OPE後の入院生活

 2007-02-12
OPE二日後に消毒です。
担当医が分厚く巻かれた包帯を外します。
補強の無くなった右腕をおっかなびっくり支えます。
縫った所を見るとまだ腫れてるのでぼっこぼこしてます。
でも指の腫れは思った程ではありません。

驚いたのですが、最近は、こまめな消毒、ガーゼ交換って
図式じゃないんですね。
消毒したら大きめの透明なフィルムをピターっと貼り付けるんですね。
で、一週間そのまま。下手に創を空気にさらさない方がいいみたいです。
フィルムを貼ってもちゃんと透過性があるので皮膚呼吸は出来るそうです。
消毒知識がすっかり時代遅れでした。

今度は普通に包帯巻いておしまい。
今まではほとんどギプスの様な包帯固定だったから良かったけど
手首がグラグラします。

おっかないで~す!(←怖いという意味です)

で、翌日の夕方、最後の点滴が終わり、やっと、点滴の針&管が体から
外されました。

   やったー!また1つ楽になった~!

で、その翌日、看護師さんに右手をビニールで包んでもらって、
火曜の夜以来のシャワーです!(本日、日曜)
左手で洗いにくいですが、

それより、何より、

     気持ち良い~~~!
     あ~、さっぱり~~~!

毎日入ってると、シャワーの有り難さも気付きませんね~。

     感謝です~!

タグ :

OPE 翌日 PART.2

 2007-02-12
このブログを途中から御覧になった方は、
今現在、入院中の話かと思われるかもしれませんが、

2006年11月末~12月上旬にかけての入院体験記です。

OPE翌日のつづき(左手生活スタート)です。

連続点滴も終わりバルーンもとれて、やっと自由の身です。
点滴は朝晩二回(約30分づつ)になりました。
明後日までつづきます。(抗生物質)

もともと無菌の所を切開して金属を埋め込んで閉じるのですから、
感染症に対しては非常に気を使います。
血液の流れている物であれば白血球が菌と戦ってくれるから良い
のですが、金属はそうはいきません。菌が付着していたら増殖です。
それを抑える為の点滴ですね。

手術前にも、そのリスクに対しての説明を受けます。ただ、手の
周囲は感染に対して比較的強いので0%では無いが少ないそうです。

関節内では更に気を使います。(大腿骨の人工骨頭置換術など)
もし、関節内で感染したら菌を完全に取り除くのはほとんど不可能です。
宇宙服みたいな格好で手術するのはこの為です。

術中はさっさと意識が飛んでしまったので記憶はありませんが
声がかすれます。
気管挿管の影響でしょう。

左手生活第一弾、朝食です。

食べづらいです…、が、…何気に結構いける。

今までは、ガツガツ飲み込むように食べてましたが、左手では

   ひじょーに スローリ~ です
   ”体に良いですね。

食後に担当医がいらっしゃいました。

XPにてプレート入りの我が手首とご対面!

その時に術中、関節鏡で覗いたらTFCCが切れて退縮してほとんど
機能してなかった旨、尺骨と三角骨がぶつかって軟骨がすり減って
骨がむき出しで茶色く変色してた旨、etc…説明を受けました。

TFCCが無くてへーきなの?どういう処置をしてくれたんだろ。
術前と話しが違うし…。(尺骨が突き上げてTFCCは変形してるとは
聞いたけど、無いとは聞いてませ~ん。)
…みたいな事は言えませんでした…。
…やっぱり、直接、目で確かめないと分かりませんね…。

腕を心臓より高くして指のグーパーの指示を受けました。

気を取り直して、トイレに…。
左手生活第二弾、難敵の大便です。
病院はウォシュレットなので、本当の戦いは退院後でした…。

で、次の難敵は頭部右側面に出来る 寝ぐせ です。

なぜか毎朝、サリーちゃんのパパみたいに跳ね上がります…。
左手で『きびし~』のポーズをとり、水で濡らしてなだめるのに
一苦労です。(表現が古いですね)

OPE翌日PART.1

 2007-02-11
一夜…、明けました。

動けないつらさ、右腕の痛み、
…なんと言っても、尋常ではない いびき…。
OPEした体には、…それは、…それは、こたえます…。

夜中、1時間おきに点滴チェックに来る看護師さん、
ごくろうさまでした。早朝にあまりにしんどいので
尿道にささってるバルーン(尿カテーテル)を抜いてもらいました。

バルーン装着中、当たり前ですが、ずっと尿意が無いのは
不思議な感覚です。
ただ、管を抜く時の何とも言えない痛みは…、

 ズ~~~ンときます。

うおぉ~』と
抜かれる最中、腹をペシペシ叩いて、看護師さんに笑われました。
で、半日くらい、尿をする時に
ズーンと痛みが走ります。
この管も、出来れば今後したくないですね~。

連続点滴も終わり、爆音響く病室から退散です。
面談室に行き、水とニコレットクールミント。
少々、落ち着きます。

そして、大便、食事、身の回りの事などの、
 左手生活のスタートです

 

OPE当日(後半戦)

 2007-02-11
…つづきです。
筋注にて意識消失から数時間後…、

徐々に覚醒していく自分に気付く。
親の話しかける声が聞こえる。
が、顔を見た記憶がない…。
帰り道を心配してそそくさと帰って行ったみたいだ。

意識がちゅーとはんぱです。
確かなのは、包帯ぐるぐる巻き(画像)の右手を見て、
骨の切断が終わったなと確信した事です。
(あ~あ、メス入れちゃった…、と一瞬思って、なんか少し寂しい気持ちになったのも覚えてます)

中学の時に左手前腕の2本の骨を折ったので、骨折の痛みは知っている、と、
たかをくくっていたのですが…、
術後、覚醒してすぐ、

『いたい~』
『あ~、いたい』
『えらい、いたい…』

オマケに左手には点滴、尿道には管がささっとります…。
うごけない…、

あ~、しんどい…。』

用意してくれた氷嚢にそ~っと腕をのせます。
まさに、骨の髄に響く痛みです。(本当は骨膜の痛みです)

『座薬いりますか~?』の一言に、
ふたつ返事でお願いしました。
ちょっと、楽になりました。

しばらく意識があやふやで、寝てるんだか、起きているんだか。
幸い、よく話しに聞く、麻酔から覚めると、気持ち悪くなったり、
吐き気がしたりってのは無かったです。

午後9時過ぎ、昨晩より24時間振りに、看護師さんから、
『水分摂っていいですよ~』と。
ストローさしてもらって水飲みます。

うまかった。

その、ささやかな幸せも爆音(いびき)に打ち砕かれました…。
動けない体で爆音に耐える一晩は地獄でした…。

 

タグ : 入? ー蟒? OPE

禁煙以上卒煙未満

 2007-02-10
こんばんは。

OPE後半のUP遅れてすみません。

またまた、禁煙経過報告です。

脱、ニコレットがなんとか60日です。

…、…、まだまだ、煙、欲しいっす… 

あと、ひと月…、我慢してみます…。

吸魔にあまり変化ないですね~、
ただ、ちょっとだけ、人のタバコの煙が鼻につく様になりました。

ホントに、ニコチン中毒はしつこいです…。

はやく、煙嫌いな人間になりたいです

 

タグ : 禁煙 卒煙

OPE当日(中盤戦)

 2007-02-06
さて、気を取り直して…つづきです。

しばらくすると、担当医と主任看護師が現れ、点滴の準備。

血管探して、左の前腕橈骨よりにトンボを装着です。
入念にテープで止めます。
(針と管は、術後四日間つけっぱなしです)

よく、テレビのコントに出て来る様なスタイルで
点滴台をガラガラしながらトイレに行きます。

OPE開始時間は昼過ぎとしか言われてないので、
ずっと外を眺めて待ちます。

世間はゆっくりと当たり前のように過ぎてるんだな~ と
少々、感慨にふけります。

昨日の雨がうそのような、すごく良い天気です。

親も手配したホテルから到着。
長い1日の始まりです。
若くない親には、こたえる1日だと思います。
申し訳ないです。

1時半過ぎに看護師さんがストレッチャーの様な移動用ベッドを
押しながらやってきました。

いよいよか…

緊張度UP↑です。

病院によっては T字帯 と呼ばれる、ふんどしみたいなのを
つけるらしいのですが、つけなくてOKでした。

血栓予防で締め付けの強いソックスを履きます。
足の甲の所に穴が空いていて、血色、むくみ等をチェックする
らしいです。

移動ベッドに横になります。

看護師さんから

『麻酔のかかりをよくする注射をしますね~』と、

麻酔前投薬を肩に筋肉注射。(緊張をとる注射みたいです)

そのまま、OPE室に移動して色々確認する…はず…でしたが…、

なんと、筋注くらって数秒後…

    …意識消失…です… 


 …意識戻った時は病棟です…

何も覚えてません…。OPE室、見たかった…。

昨晩、ほとんど寝れなかったから…、その影響か…。

ショック大で、後半へつづく…。

 

タグ : 入? ー蟒? OPE

OPE当日(前半戦)

 2007-02-06
朝、8時に同部屋の方々がむしゃむしゃ朝食を食べる音を聞きながら
外を眺めています。

やがて看護師さんがやってきて、かんちょー しました。

これまた、人生初 です。

恥ずかしいものです…。


トイレに行きパンツを降ろして、看護師さんに 菊を見せます。

液体を注入されます。

直ぐに便座に腰掛け待機。

看護師さんに、『出来るだけ我慢して下さい』 と言われる。

…数十秒後、

ギュルル~、ゴロゴロ~

はうっ、う~っ…

瞳が潤みます。

どのくらいガマンすりゃいいんだろ?

く、…ぐるし~、…い、いたい~、げ、げんか~い

 
   バビブベボ~   ←お見苦しいので音にモザイクかけました(汗。

 
 はあぁ~、すっきり~、ふうぅ~

トイレが病室の中にあり、音が響くので恥ずかしいです…。

看護師さんからの、

『どのくらい出ましたか?』との問いに

思わず両手でワッカを作り

『このくらいです』と…。

看護師さんに軽く笑われ

『いつもに比べてどうですか?』の問いに、

我に返って

『い、いつもと同じです』と…。

軽く赤面です…。

『じゃ、もう一回しなくていいですね~』と。

あぶない、あぶない、量少ないともう1回するのか…、
知らなかった(汗。

つづく…。

 

タグ : 浣腸 入? ー蟒? OPE

入院初日(OPE前日)PART.2

 2007-02-05
つづきです。

お昼に昼食が配られます。

…質素です。…ご飯グチャグチャです。

でも、だまっててもご飯作ってベッド脇まで運んで来てくれて、
食べ終わったら片付けてくれるんですから、贅沢言っちゃいけません。

食後に看護師さんから、今現在の体、仕事、生活など、根掘り葉掘り
聞かれます。4人部屋で筒抜けなので微妙にプライバシーの配慮が
ほしいな~と思いました。

田舎から両親が到着です。
(今回の件では本当に迷惑かけてます。申し訳ないです。)

主治医からの説明を家族共々受けるので、外来へ。

手術の方法、手首の塩梅、手術のリスク等の説明。
で、同意書にサイン。

次に麻酔科医の説明を受けに行きます。

こちらの方が軽くテンション高い人で、
資料をごそごそ探しながら、

麻酔医『肘ですよね~』

私  『手首です』

麻酔医『あ、そうそう』

と、橈骨付近を指差して

麻酔医『この辺?』

私  『尺骨です』

麻酔医『何か怪我したの?』

私  『もともと、尺骨長くて、骨切りするんです』

麻酔医『あ~、そっか、そっか』

私  『…。』

まあ、この方がOPEするのでは無いので…。
うまく意識と呼吸の管理をして頂ければ、もーまんたい です。

夕方にシャワーを浴びます。(日曜まで入れませんでした。)

6時に早めの夕食を。(これ以降、禁食です)
9時、消灯です。
9時以降、水分も禁止となります。

胃の中に食べ物などが残っていると、術中麻酔で眠ってしまった後に、
食物が嘔吐されて肺の中に入ることがあり非常に危険です。

このあと、緊張、不安、いびきで、ほとんど眠れずに
OPE当日を迎えました。

 
タグ : 入? ー蟒? OPE

入院初日(OPE前日)PART.1

 2007-02-05
入院当日は朝から雨でした。

荷物が多いのでお金が勿体無いがタクシーで病院へ。
運転手さんに『入院するの?』と聞かれ、
しばし運転手さんの入院話しに。
膵臓患って6ヶ月くらい入院。日本でほとんど症例ない手術で
ずっと点滴生活だったらしい。生死に関わる病気だったと。

その話しを聞いて、自分はまだましだ、と言い聞かせる。

病院前で降ろしてもらい、喫煙コーナーにて人生最後になるであろう
タバコに火をつける。
緊張でただでさえ喉の通りが悪いので、

『…まずい…。』 

これが最後の一本の感想です。

事務局に必要書類を提出して、受付脇にて病棟からのお迎えを待ちます。
20分くらい待ったでしょうか。
看護師さんが現れ、私ともう1人同じ病室に入院する方と一緒に病室へ。

人生初の入院です。もちろん手術もです

病室は4人部屋。それぞれに棚とテレビと食事用のテーブルがあります。

荷物を整理しようと下の棚を開けると…。

 ん!? …よろい(鎧)が入ってます。

体幹ギプスです。(圧迫骨折などで胴体に巻くやつです)

前の人の忘れ物?

お陰様で棚の中が酸っぱいにおいがします…。
 
以前にも書きましたが、既に隣のベッドの方が爆裂ないびきをかいてます。
(飯時以外、四六時中寝てらっしゃいます)

この方には術前夜、術日、術後、と本当に悩まされました。
痛み、辛さが3倍増でした(笑。

耳栓、通用しません…。

整形病棟ですが、なぜか尿管結石で運ばれて来たとの事。
4泊くらいしてました。
(普通、そんなに入院しないでしょう…。なぜ、整形病棟に…。
 よりによって…。)

1週間の入院なら5000円の差額ベッド代を払って個室の方が良かったかも。
空いてるかどーかは分かりませんが、悔やみます。

PART.2に続く。

 

タグ : 入? ー蟒? OPE

入院に向けて(06/11の話)

 2007-02-04
2006年11月中旬、OPEする決意を固めて手術予定病院に。
色々と質問事項をまとめておいて、いざ診察へ。

結局、骨切り術が良いとの判断になりOPE日話。
2週間後に決定。
火曜に入院、水曜OPEで次の火曜に退院と、
しょ~み1週間の入院です

心電図、採血、採尿、血液凝固検査、肺のXPを診察帰りに行いました。

左右の手関節のXPは前回撮影済で手関節造影、MRIは改めてしませんでした。

術後、ギプスはしない方向で
経過観察中に、ん!?、あやしい と思われたらギプスをするかも。
大体、3ヶ月を目安に。(仕事復帰等)
1年後位にプレート除去手術。
(局麻で入院せずに除去手術する人も中にはいるそーです。)
(気合いの入ってる人じゃないときついみたいです。)

帰りに事務局で入院の手続き。
入院のしおりやら承諾書やら同意書やらをもらう。

で、何よりも保証人を2人つけろと…。
1人は親でいいとして、もう1人は別の世帯の人って…。
あんまり保証人なんて人に頼みたくないですよねぇ~。

病衣を自分で用意するか借りるかでしばし悩む。
結局、借りる事にしました。

しおりで用意する物を確認して揃えます。
大抵の物は院内の売店にあります。

あ、片手使えなくなるから、孫の手買っとこ~

術後はあんまり動けないのでストローがあると水分補給がしやすいです。
先が曲がってるのが良いですね。
なんてったって、右手が包帯グルグル巻きで左手には点滴。

テレビ見るのにイヤホンですね。(売店でわざわざ買うのはもったいないので)

カーディガン(院内は常に温度が23~4℃に保たれてるので結構暖かいです。)
      (その代わり、退院すると寒さ痛感します。)

私は入院生活を色々想定して用心深くいろんな物を持って行ったので
かなりの荷物でした。でっかいキャリングバックでガラガラと。
未使用でお持ち帰りした物が多かったです。(笑

以上が入院前の簡単な状況です。

 

タグ :

500人突破

 2007-02-04
こんにちは。

おかげ様で、blog開設以来の訪問者数が

昨日、累計で500人を突破いたしました。

同日の二重カウントをしてない中でこれだけの方々に御訪問して頂き
うれしく思います。

これからも暖かい目でみて頂けると幸いです。

有り難うございました。
           m(_ _)m

 

タグ :

GO サインでました。

 2007-02-03
こんにちは。
バイトから戻りました。

OPEした病院から術後状態に関して軽く放置プレイをくらってるので
数日前にバイト先でXPを撮ってもらいました。
デジタルのXPではないので、画像的には少々劣りますが、
院長にチェックしてもらい、回内・回外を含めたROMを
ガンガンやってよろし~とGOサイン頂戴しました

冗談か本気か分かりませんが、プレート弛むギリギリ位まで
自動・自動介助にてROMしなさいと…。
『先生、さすがにプレート弛むのは勘弁です。再OPEしたくないです。』
なんて、意見は到底出来ないので心の中で叫びました。
他動ではなく自分でするので、破壊する程強くなんて痛くて出来ないから
大丈夫との事です。
あと、プレートの弛みについて聞いたら、もし弛んだら尋常ではない
ただ事ならぬ痛みが出現するとの事でした。
…できれば遭遇したくないです。

他動にて回内・回外をチェックしてもらい、橈骨手根関節の硬さ、圧痛ポイント
などなど見てもらいました。

 他動で回外45°
    回内50°

握力がなんと15~20kgを何度測っても行ったり来たり…
以前は47~8kgはあったのに…。…まあ、OPEしたんで当たり前ですね。。

で、早速、小さく前ならえの体勢で左手で右手の橈骨遠位端を掴んで
強めに回外、朝から晩まで暇さえあれば回外、回外。
DRUJに何とも言えない不快感・痛み炸裂です。
あと、奥の方の突っ張り感は多分、骨間膜の硬さでしょう。
TFCCの中の方のしみる様な、響くような痛み、時折関節内で何かが挟まる様な
激痛。
朝の起きたては結構反動で痛みます。ちゃんとにアイシング等をしてませんので…。
出来るだけ、しっかりやろうと思います。(汗

強めの回外はプレートにねじりストレスがかかってるのがなんとなく分かるので、
なんか気持ち悪くて怖いです。微妙に痛いし…。
院長は、へーきだ とおっしゃいます。

なかなか可動域が広がりませぬ。結構硬いです。根気よく、尚かつ大胆に
やっていきます。

因に、上の画像の骨折線の下で下から二本目のスクリュー(ビス)のすぐ上の所に
へんな空洞が以前より気になっていたんですが、
院長曰く、穴開けたけど違う所に止め直したんだろう との事です。

…骨強度落ちてるや~ん。

まあ、でも適当な所で強引に止められるより、丁寧にやり直してくれる方が良いですね。

入院関係は明日位に出来ればUPしたいと思っています。
ちょっと、また出かけなきゃならないのでこの辺で。

 

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。