スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

手首の状態はどうなのさ?

 2008-07-26
暑い日が続いて溶けそうです。

部屋の中で34℃です(滝汗


原油高、原材料危機、CO2問題…、


色んな問題が山積みですが、

わが家は手首の関節内の環境問題に

苦しんでおります。


いつまで経っても平行線。

手首の可動域制限、疼痛、クリック音、靭帯の弛み

う~む…。


やっぱり、関節内はやっかいですね。

松井秀喜選手、清原選手しかり…。

小久保選手も試合でホームランは打ってますが

手首の状態は良く無い模様。

内視鏡あたりじゃ、所詮、対症療法の域…。(すべてではありませんが)

滑膜切除やクリーニング、シェービングなどは

何かしらの原因があった結果で起きた

二次的要素に対する処置なんですよね…。


原因の除去では無い…。


話しはズレますが、笑えたと言うか、可愛そうと言うか

自業自得と言うか…、日ハムの中田翔君。


有鉤骨骨折を球団にほったらかしにされ、今季の1軍昇格絶望的て…。

本人曰く、尋常じゃ無い痛みがあったそうですが(そりゃそうだろ)

日頃の素行不良の為、球団に検査を拒否され

一ヶ月後に受診、骨折判明、手術(全身麻酔)。

あ~あ…。

素行が悪くてもチームドクターとかが触診すりゃ分かるだろうに…。

将来を期待されてるパワーヒッターなんだし、

球団も大枚はたいて獲得したんだろうから、

もう少し、何とかならんもんですかね。


手首は重要だよ。

ましてや職業柄一番重要な関節だろ。


って、 適当に勝手に独り言を言ってみました。

あくまで、管理人の独断と偏見です。


球団には球団の事情があるかと思います。

スポンサーサイト

TFCC損傷に関して思う事

 2008-07-05
タイトルは物々しいですが、専門的な

TFCC損傷の治療とかの話しではありませんので…。

潜む予定でしたが、ちょっと浮いて来ました。(笑

この日記にもコメントを頂いてる「MIU」さんのブログ

ふらっと出かけて、記事を読むと…、


~~引用ここから~~


みなさんも、あせらずに

「今まで頑張ってきた手首の休暇」

のつもりで、手首が良くなるまで

ゆっくり待ってあげましょう


~~引用ここまで~~


>今まで頑張ってきた手首の休暇

この言葉、

何か、エラく心に響きました。

完全に自分の思考回路に無い発想でした。


考えてみれば職業柄、本当に手首には負担かけましたね。


手首に全体重を浴びせる毎日。

体重を乗っけると、太い針で刺された様な鋭い痛みが

手首から小指にかけてと、肘にかけて走ります。

それでも、おかまい無しに更に体重をかけて…。

最後の頃は、

夜、寝てる最中に激痛で目が覚める事もありました。(大げさかな?)


手首を酷使してる時は、少しでも痛みを和らげたく

毎日、朝・昼・晩と腕に合計100個くらいの簡易お灸をすえてました。

痛い位の熱いお灸の方がスッキリするので「強」のお灸をすえて。

おかげで、手首から肘にかけて、気持ち悪いくらいの火ぶくれが多数。

腕を真っ赤&火ぶくれだらけにして、良く頑張ってました、自分。(笑


少しでも良くならないかと、気功のセミナーに行ったり、

ヒーリングのセミナーに行ったり。

色々試しても、物理的に長い物はどうにもならなく…。


意を決して手術に踏切ったものの、経過は芳しく無く…。


そんなこんなで、物事をポジティブに捉えられなくなってる時に見た、

「今まで頑張ってきた手首の休暇」って言葉。

「あ~、そういう考え方もあるのか~」って改めて思いました。


>ゆっくり待ってあげましょう

すごく、優しいフレーズです。

こういう感謝の気持ちを持たないといけませんね。

「何で、いつまでも痛えんだよっ!」

って、怒りの気持ちしかありませんでしたから。

そして、

今、自分が置かれてる状況には、何か意味があるのかな?

良く、「手に職があるとつぶしがきく」とか言われますが、

その手が壊れると、目も当てられません。

自分に出来る事は、是しか無いので、先の事を考えると真っ暗です。


けれど、自分の置かれてる状況の意味を考え、

今まで酷使した手首をねぎらい、

自分の新しい可能性を見つけないといけませんね。

TFCC損傷の手術後の状態は?

 2008-07-02
お久しぶりですが、

少し油断してたら、勝手に広告を貼られてました。

なので、消す為に近況報告。

まず、手首の可動域はほとんど変わりません。

相変わらず、回外制限有り。

痛みも変化無し。

捻挫のような腫れぼったい、炎症症状持続。

以前と同じで、尺骨を押し込むと「パキパキ」いいます。

痛みも可動域制限も今後ずっと続きそうですね。

俗に言う「症状固定」ってやつです。

来週の頭に定期診察の予約が入ってますが、

行きません。

行った所で、何が変わる訳でも無いし。

最近は左手首の影響か、

近位の橈尺関節(肘)が痛み出してます。

ムリも無いですね。

遠位の橈尺関節(手首)が掌側脱臼してますからね、

抜釘手術後に左手をどうしても多めに使っていたので

悲鳴をあげた模様です。

左右の近位・遠位の橈尺関節の4関節のうち

3箇所が壊れてます。

オマケに去年の足首の捻挫も完治せず。

ほとんどの関節が悩みの種ですな…(笑

久々の記事投稿で、暗い話しですが

そんな所です。

「TFCC損傷の手術は慎重にね!」って

格言を残して、また潜みます。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。