スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

松村邦洋さん、東京マラソンで急性心筋梗塞による心室細動だった。

 2009-03-23
うわぁ~、危ない…(滝汗
心室細動って非常に危険です。

あらためて、AED(自動体外式除細動器)の必要性と
早急な治療の重要性が分かりますね。

心臓は左右の心房と左右の心室の4つに別れています。

まず、全身を巡った血液が大静脈から右心房へ入り右心室へ行き、
そして肺動脈を通って肺に流れ込んで、酸素を沢山含んだ血液になって、
肺静脈から再び左心房に戻って、左心室から全身に血液が行き渡ります。

右心房、左心房はそれぞれ、大静脈、肺静脈からの血液を受ける部屋、
右心室、左心室はそれぞれ、肺動脈、大動脈へ血液を送り出す部屋。

心臓が規則正しく脈を打てなくなり、
文字通り細かい動き(痙攣のような状態)になるのが、
細動。

細動には心房細動と心室細動と2つがありますが、
病気が発生してから、より一刻を争うのが心室細動なんです。
なんせ、心室はそれぞれの動脈に血液を送り出す装置ですから。

血液が全身に送り出せなくなったら、体中が酸欠です。
脳にも酸素が行きません。

気絶します。

そして数分で命取りです。

突然死の代表です。

AED(自動体外式除細動器)って、こういった突発的な心疾患に対応する為に
駅やら公共の場に最近設置されてます。

松村さんの場合は、発作後直ぐに係員が駆けつけて心臓マッサージなどの
応急処置を行って、すぐに医師によりAED処置が施されたみたいですね。

自分が良く行く公共の場や、主に利用してる駅での
AED(自動体外式除細動器)の設置場所は、
何かしら、不測の事態に備えて確認しておいた方が良いですね。(汗


松村邦洋さんが東京MXテレビなどで頑張ってリポーターをやってる姿を
よく見てました。ホンワカした芸風も好きなんです。
電波少年のころはかなり無茶な事ばかりやらされてましたが…。

東京マラソンに出る事も知っていたんですが、
まさかこんな結果になるとは…。

東京マラソンに向けてのトレーニングやシューズ選び等をしてる番組を見ていて
頑張って欲しいな~と思っていたんです。

当日も「松ちゃん、今年こそは、タイムオーバーにならないで走れたかな?」
と、気にしてた矢先、口から泡を吹いて心肺停止で倒れたというニュースを見て
「え~~~~!!!???、まじ~~~???」って思いました。

マラソンするには、少々体重がね…汗。

かなり心臓に負担かけますよね…滝汗。

とにかく今は体を休めて、ちゃんとに精密検査をして、
しかるべき治療をして、また元気な姿でモノマネをしてる松村邦洋さんを
1日も早く見たいですね。

元気に復活される事を祈ってます。

スポンサーサイト
カテゴリ :健康について トラックバック(-) コメント(0)

骨端軟骨(骨端線)と骨粗鬆症について

 2009-03-12
骨端線軟骨骨折について質問を頂いたので、

分かる範囲で簡単に書いてみたいと思います。

この画像の線が骨端線です。

骨端線

軟骨なのでレントゲンに写りません。

この骨端線のところで骨が成長していきます。

大人になって骨端線が閉じて成長が止まります。

この骨端線に負荷や刺激がかかって損傷が起きるのが

骨端線損傷(骨端軟骨損傷)や骨端線離開(骨折)と言われる疾患です。

繰り返しの投球動作やバレーのスパイクなどで

上腕骨骨端線損傷になる場合もあります。

基本は患部の安静ですが、

離開(骨折)がひどくて、ズレ(転位)の度合いによっては、

徒手整復や手術の場合もありますが、

手術まで至る症例はそうは無いと思います。

ただ、変形する場合もあるので、整形外科の受診は大切だと思います。

↓このサイトに結構詳しく書いてあります。

ttp://hone.ninpou.jp/syoni/pediatricfx.htm
(頭ににhをつけてください)

↑このサイトにも書かれてますが、

子供の骨は成長が著しいので

少々の変形でも自然に真っ直ぐになる力が強いです。
(リモデル:自家矯正能力)

逆に怖いのが成長期にも関わらず、骨端線が閉じちゃう事です。

以上が骨端線(軟骨)についてです。


余談ですが、骨って常に生まれ変わります。

それを上にも書きましたが、リモデリングと言います。

骨を破壊する破骨細胞と

骨を作る骨芽細胞という2種類の細胞によって

古い骨は壊され、壊れて無くなった所に、新しい骨が作られます。

だから、ずっと同じ骨では無いのです。

そして、

このバランスが崩れる現象が「骨粗鬆症」。


骨粗鬆症は2種類あって、

高回転型骨粗鬆症と低回転型骨粗鬆症ってのがあります。


高回転型は

骨を破壊する破骨細胞が活発過ぎて、

骨を作る骨芽細胞が追いつかなくて、骨粗鬆症になってしまうタイプ。


低回転型は

骨を作る骨芽細胞がゆっくり過ぎて、

骨形成が間に合わなくて、骨がスカスカの骨粗鬆症になってしまうタイプ。

やっぱり、何事もバランスが大事です。


カテゴリ :健康について トラックバック(-) コメント(0)

手首の動画をユーチューブにアップしてみました。

 2009-03-07
相変わらず手首の調子が悪く、時折、操作不能になります。(苦笑)

朝起きたら前習えの位置から一切回内出来なくなるときがあります。
(親指を上にした状態)

関節内で何かが挟まってるんだか分からんのですが、痛くて回内出来ません。

半日ぐらい動かしても一向に改善しないので、

強烈な痛みにめげずに、力ずくで回内すると

「バッキン!」ってエラい音がなります。(すげぇ、痛いっす)

すると何とか操作可能になります。

伸筋腱が引っ掛かってるのか?挟まってるのか?

切れたりしないかとヒヤヒヤです。

その後も音はしますが、痛みは激痛では無いので動かせます。

一応その時の音をと尺骨の跳ね上がり具合を録画しましたので、

ユーチューブにアップしてみました。

実際はもっときれいに尺骨が跳ねてるんですが、

ユーチューブだと、コマ数が少ないのかあまり良く分かりませんね。





朝はこんな感じで浮腫んでます。(別に手の上に何かを置いてた訳ではありません)

TFCC損傷

浮腫が軽くあると、このように毛布の痕でも軽くつきます。

日常生活ぐらいの手首の使用頻度でも翌朝は痛みが残りますね。

一体、手術で何が良くなったんだろう?

というより、日々、確実に悪化してます。

ま、しょうがないですでね。

最初の病院選びが選択ミスでした。

病院だけは実際にかからないと分かりませんからね。


カテゴリ :抜釘術後状況 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。