スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

注射と痛み

 2007-11-06
整形外科には毎日、沢山の方が注射を打ちに来ます。

肩こり、腰痛、膝痛、神経痛、etc…。

痛いのは辛いし苦しいし、誰でも少しでも
楽になりたいと思うのは当たり前の事です。

そこで湿布や飲み薬、痛み止めの注射の
登場です。

ただ、注射のタイミングって難しいなって
個人的に思います。

急性腰痛などの動けない程の痛みは別として、
慢性的な関節痛など。

注射にはヒアルロン酸等、関節内を修復する
成分を混ぜたりする場合もありますが
基本は「痛み止め」なんですね。
痛みに対する対症療法です。
治している訳ではない。

以前、足の親指が強剛母指で定期的に
注射をしてる患者さんがいました。

「チャキチャキの江戸っ子」てな感じの女性で
いつもせわしなく、
家事などで休む事無く動き回ってるそうです。

つっかけを履いてつま先立ちで、
ちゃっちゃと歩く…。
足(指)に良くありません。

改善を促しても聞く耳を持つ人では無い。(笑
(注:悪い人ではありません。)

足の親指のつけ根が痛みレントゲン検査ののち
痛み止めの注射。

痛みがとれるので、また、チャキチャキ歩く。

しばらくすると、また痛み出して注射。

半年後のレントゲン検査では、関節の隙間が
消失。

注射をせずにいたら、反対の足や膝
腰にストレスがかかり、新たな痛みが出ていたかもしれません。

どっちが良かったんだか…。

このようなケースって結構多いとおもいます。


本当は生活&歩行スタイルの改善などの患者教育、
関節の動きをつける徒手的な治療が良いのでしょうが…。

患者さんは手っ取り早く痛みのとれる注射を希望する人が
多いのも事実です。

まあ、痛いのは辛いですからね。なると辛さが分かります。

コメント
そうですよね~痛みは辛いですもんね…。
「注射は根本的な治療にはならない」って分かってても、私もよく注射を希望してます(^^;)
痛み止めの注射が‘効きすぎるのが問題かもしれない’って、時々思います(笑)
あまり効果が無いなら、私ならきっと「どうせ、注射自体が痛いし…」って思って、我慢するかもしれませんww
でも良~く効いちゃうんで「注射する時は痛くても、その後しばらく痛みが消えるしー」って事で、注射をしてもらってしまいます…ww
【2007/11/06 20:27】 | 響香 #iuvM2DXA | [edit]
こんばんは。
ですね~、痛いのは嫌ですもんね。
手首は荷重関節ではないし、骨がガツガツぶつかっている状態でなければ、
記事で書いたようなOAが進む事は少ないでしょうしね。
ステロイド系の注射を連発すると腱などが硬くなってキレやすくなりますが、
最近は非ステロイド系の痛み止めが多いですからね。
【2007/11/07 00:25】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
覚えていただけてるでしょうか?
あれから、いまだに悪化の一途を辿り検査の日々です。
どうやら手首だけの問題じゃないようで。
全く自覚症状ないんですが肘や首や持病の関係も言われてます。
手の専門医から脊椎の専門医にもお世話になることになりました。
握力の低下(瞬時に力を入れることができなくて物をよく落としてたんですが、あまりにもなくてショックです)や、指が横に開かなかったり不自然に曲がった状態だったり、痺れもひどく…。
自分では、もう、どこが悪いのかも判断できないです。
まだまだ、検査が続き、治療もままならない状態で。
TFCC損傷もあるようなんですが…。
麻痺でTFCC自体の痛みを感じなくなったのが幸いなんでしょうか。
状態が全く分からないですが。
その代わり別の痛みであちこちが痛み…
なんだかここの内容と異なりすみません。
最初から訴えてたことを調べてくれなかったり、一時は、ひどく落ち込み、本などで調べて転院も考えましたが、医師も分からないからこそ真剣に診てくれようとする誠意が、今は感じられるので、もう少し前向きに頑張ろうとおもえるようになったところです。
痛み止め注射、打ってほしい気持ちもありますが、少し怖いですね。
根本的治療にならないなら、むやみやたらにやらないで、しっかり後先、考えないといけないんですね。
その点で私の主治医は、最初に注射で余計ひどくなる人もいることや(注射を打ってる方も見かけるし、私の体質からの判断だと思います。)、手術で治る可能性がないことなど教えてくれたことはありがたいのかな。
とりあえず内服薬出てますが効かないです。でも、焦ると逆効果になることもあると知り、あまり焦って治そうとするのは、やめようと思います。
管理人さんの手の写真などを見させていただくと、私より全然ひどい状態だと思います。
骨がカクッなるのはすごいですね…。
昔の骨折の強引な治療方法などを考えるといつでも医療は発展段階なんだなぁて考えさせられます。
医師によっても差はあるでしょうが。
やっぱり今まで通り使えるようになることが一番の望みですよね。
このまま使えなかったらとか考えるより、少しずつでも、良くなるようにと前向きになりたいですね。
また、お邪魔させていただきますね。
ちなみに今は、負傷した手を使うのがしんどいので、携帯で見させていただいてます。
動画などは、パソコンで見させていただきました。
【2007/11/07 01:47】 | R.H #- | [edit]
R.Hさん、こんにちは。おひさしぶりです。
>検査が続き、治療もままならない状態
あ~、仕方の無い事なんでしょうけど、
1つの検査に1日かかったり、
結果は後日、
「別の検査をしよう」て事で、
検査の予約が一ヶ月後…、
結果が分かるまで数ヶ月。
それだけ患者さんが多いからなんでしょけどね、
わかっちゃいるけど、色んな意味で
ホント疲れますよね。
さんざん待たされて、診察結果が曖昧だと
たまにキレそうになります。(苦笑

>指が横に開かなかったり不自然に曲がった状態だったり、痺れもひどく…
薬指と小指が屈曲(鷲手と言います)してるようなら、
やはり尺骨神経麻痺ですかね。

>痛み止め注射…、根本的治療にならないなら、むやみやたらにやらないで…
R.Hさんの様に痺れがひどいようでしたら、一概に注射は良く無いとは言えません。
確かに痺れの原因はどこかしらで神経が圧迫されて神経が酸欠になって痺れが生じます。
解決するにはやはり元をたたないといけませんが、
痺れを少しでも軽減する為に幾つかの注射があります。
多いのは神経の興奮を鎮めるビタミンB系の注射ですね。
あとは血液の流れをを良くする注射とか。(酸素は血液が運ぶので)
ただ、このへんは痺れの酷い方にバツグンに効く代物ではありませんが。
痺れをとるのに最終的なのは神経をブロックするブロック注射ですね。

痛み、痺れが酷いと体だけでなく精神的にも滅入ってきますからね、
その辺も考慮して注射も選択肢の1つとして考えて、
検査で原因が特定出来たら
根本治療に向かう方法でも良いかもしれませんね。

まだまだ、検査、検査で大変そうですが、
原因を特定出来て治療にむかえる事を願ってます。

あ、携帯で見て頂けてますか。
たまに、ひっそりと壁紙変えてます。(笑
ただ、コメントやらカテゴリやら、それぞれで
いちいちページ更新しないと最新が表示されないのが
難点なんですよね~。^^;
あと、へんな広告が表示されますけど
私が選んでいる訳ではありませんから。
たまに、勘弁してくれってな広告があるので。(苦笑
【2007/11/07 10:50】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
お返事ありがとうございます。
麻痺は、最初は、小指側だったので肘の神経と言われたんですが、今は、手全体に及び、曲がっているのも全指なんです。よって頚椎かと言われたんですが、レントゲンでは、普通の人より長いという以外、異常はなく、肩こりなどの自覚症状もなく不明です。
肘と言われた時も自覚症状はありませんでしたが、叩くと指先に痺れが走ります。
両肘とも触診で分かる違和感があるようで持病みたいですが、右は、この症状が分からないのでひどくないと思います。
今回は、散々触られ痺れさせられたあげく、無言で握力計出され「え~!今はたぶんダメです…」って言うと、「どうせダメと思ってるから大丈夫。」と言われました。。
その後、「首かね~。肘じゃ手全体ってことはないからね。これは僕(の専門)じゃないんよ。」と、主治医は逃れられラッキーてな様子で(勝手な想像)、同じ日に脊椎の専門医にもすぐ診ていただいて、翌日に首のMRI検査を受けました。主治医が撮ったほうがいいだろうと言ったそうで…
そしてMEP検査と脊椎の専門医による検査結果は2週間後です。
神経や筋肉の検査は、すぐしてもらえ、診察もすぐなんですが、MRIの結果は空きますね。
数カ月先ってこともあるんですか!?
泣きそうですね…。
診察結果にキレそうにはなりませんが(笑)曖昧だと不安です。。
今回のMRIは、頭と肩を固定され、貧血になりました…。大丈夫ですと帰りましたが…。
最近は、熱や立ちくらみも多いので、季節的なことも関係あるのかなと思ったりです。
注射は、以前、手首にした点滴ミスで腕がパンパンに腫れ、何日か痺れと吐き気に襲われて以来余計怖いです。同じ手です。
あり得ないと言われても、最初は手首の痛みだけだったのに、電気治療を受けてから痺れが発生し悪化してるのは、本当なので色々恐怖症が…。
ビタミン系も鎮痛剤も内服薬は全く効かないし、注射のほうがいいのかなとも思いますが。
手首の痛みは、あまり分からないですが、指の関節や前腕にチクチク痛みがあります。
ブロック注射よく耳にしますが、良いんですかね!?
パソコンは、デスクトップなので、症状関係なく椅子に座るのが、まず、しんどいんです…
ノートパソコンが欲しいです。
壁紙たまに更新されるんですね。
また、チェックしなければ!
広告ありましたね~。
分かってますから大丈夫ですよ!(笑)
【2007/11/07 22:46】 | R.H #- | [edit]
R.Hさん、こんにちは。
>麻痺…手全体に及び、曲がっているのも全指
う~ん、難しいですね。

首だとしても普通の神経根障害なら、手の障害部位が
ある程度限られてくるんですけどね。
頸椎の5~7番目くらいの神経根が続けて障害を受けないと
手全体が麻痺する事は無いと思います。

ヘルニアならMRIで分かるしな~。

OPLL(後縦靭帯硬化症)などはレントゲンでも分かるし
頸椎内で神経が圧迫されれば四肢に症状がでますし、
肩こりなどがひどければ斜角筋症候群なども一応候補の
1つにもなりますが…、う~む。

手に触れただけで激痛がはしるとか、手が冷たくなったりする
レイノー現象などは無さそうなので、症状的に若干違いますが、
RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)なども調べてみると
良いかもです。
RSDは最近名前が変わったみたいだけど忘れました。(すみません)
RSDって精神的なものと片付ける所もありますが、私は違うと
思ってます。
実際、患者さんで苦労してた方を知ってるので。

あと、気になるのが、椅子に座るのがしんどい点です。
これも、脊椎の専門家に相談した方が良い気がします。

診察結果にキレそうになるのはジョークです。(笑
診断に数ヶ月も少しオーバーですね。(笑
月の中旬に診察、翌月中旬にMRI、造影検査等々、
翌月末診察のサイクルを数ヶ月と誇張しました。
ねつ造です。あるある○辞典並みです。(爆
【2007/11/08 14:10】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
手に触れられてすぐ冷たくなることはないですが、診察で、手を動かされた後や、自分で動かした後やそれ以外でも、時折、異常に冷えます。血色も悪くなります。冷え性ではないし反対の手は温かいです。
痛みもすぐ走ることはないですが、ちょっとの刺激や動作で痺れが増し、少し遅れて痛みが来ます。
夜間は、何もしなくても痺れや痛みが強いです。
灼熱痛のような痛みもありますが、何かが突き刺さるような指の関節の痛みが一番辛いです…
朝方は、手が硬直してます。
全く自覚症状ないので、首のヘルニアとかはないと思うんですが…。
首と言われ「……」って感じで、言われるがままに先生変わりましたが「なんで?」って感じです。。
少し調べたら反射性交感神経性ジストロフィーのような気がしてきました。手首の靭帯損傷後に関係ないような痛みや痺れが続き機能障害も進行してるので…。
左足も、よく歩いた日とか手の症状が強い時とかに痺れたり、かかとが痛かったりするんです。筋肉痛とは違います。中高時代に左右でやったんでどちらか忘れましたが、足首の剥離骨折か靭帯断裂かの古傷はあるんですが今まで症状はなかったです。反射性交感神経性ジストロフィーは外傷の後に痛みが続くみたいです関係ないかもしれないですが、全身の関節に広がってくこともあるみたいで…。
精神的なものも言われてるんですね。
精神的なものでの悪化は少なからずある気がしますが…
みな体に異変があれば、不安になりますよね。
治ると思ってたのに、まともに診断書も書いてもらえず(治癒の見通しが立たないから月ごとで書いてもらってます)反対の方向に進んでて混乱状態です。
元のTFCC損傷はおそらく回復傾向なので(診察は保留状態)医師も何が起こってるのか分からないのでしょうが…
手の専門医は知らないんですかね!?
たぶん首のMRIは異常ないと思うんですが今度のMEP検査、筋電図で何か分かるでしょうか。
あら、ジョークだったんですね…(笑)
数か月先だったら、鬱になりそうですし(?)、それもさすがにないですか…
待たされるのは、ある程度仕方ないですけど、精神的に良くないですよね…
【2007/11/09 10:01】 | R.H #- | [edit]
R.Hさん、こんにちは。
すみません、文が分かりづらかったですね。
「手に触れただけ」がかかるのは「激痛」のみです。
手が冷たくなる方に「触れる」はかかりません。
そうですか、RSD様症状もありそうですね。
R.Hさんがおっしゃるように精神的な要素で悪化するのも
もちろんあると思います。
最近は月刊誌でも特集を組む位ですから(丸々一冊RSD)
かなり注目されているんじゃないでしょうか。
交感神経、副交感神経がからむので、精神的な要因に
ウエイトがいきますが、この疾患も治療法を含め発展途上
の様な気がします。(個人的見解ですが)
はやく最善の治療法を提示してもらえると良いですね。
【2007/11/10 15:47】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
私も理解能力なくてすみません!!
一昨日、違う鎮痛剤をもらいに行きました。
1日1回飲み薬と塗り薬だったので(湿布はアレルギー出てダメで…)1日3回になって効果はないですが気持ち的に安心です。
色々言われましたが、まだ詳しいことは分からないのであまり考えないようにします。
考えすぎてパニックになってました。
先生に「大丈夫!」と何回か言われ、少し元気になりました。
首じゃないとしても症状からして可能性がある検査はしないといけないそうで。
次の診察もすぐにしてくれてて良かったです。
診断を待つのは辛いので。
MRIの検査の日、帰りのバスで涙出ました。
手の怪我なのに、なんでこんなことになってるのか「??」で検査前も動揺しまくってて…
精神的なものでの悪化は、ありますよね、やっぱり。というか絶対そうです私…。
職場に迷惑かけてることも気になったり…。
慣れてる手の先生に診てもらいたい気持ちもあり先生が変わることも不安です。人見知り激しく緊張するので…
「手首とは関係ないんですか?今までこんなことなかったから、手だと思うんですが…」と脊椎の先生に主張した私です。
「いや、関係あるかもしれんよ。」って言ってましたが、RSD(CRPSですか?)ならまだ頚椎の障害のほうが良いです。
知れば知るほど、思い当たる要素が多く、凹みます。
怖いけど、前向きに頑張ります。
ありがとうございます。
また、結果が分かれば教えますので、管理人さんも状況や普通の日記など更新して下さいね☆
昨日、パソコンでも覗いてみました。検索ワードランキングなんかもあるんですね。
【2007/11/11 11:19】 | R.H #- | [edit]
こんにちは。
そうですね。症状からして、一応頚の検査はしますよね。

>手の怪我なのに、なんでこんなことになってるのか…
ホントですよね。
管理人もやらないで後悔するより、やって後悔しようと意を決して手術したら、
手が動かなくなり(動く範囲半減)、
「なんでこんなことになってるのか」と嫌気がさしてます。
一歩でも前進しようと頑張ったら、100歩ほど引きずり戻されました。

何一つ改善されない現状、埋め込んだプレートを外す手術の他、
新たに余計な手術もたぶんやらなきゃいけなさそうですし、
先の事を考えるとまさに、お先真っ暗です。
左手の手術はもうする気もありません。

と、まあ、こういう踏んだり蹴ったりの奴もいますから、
R.Hさんも大変だとは思いますが、適度に気を抜いて
頑張って下さい。

検索ワードランキングは管理人のサイトにたどり着いた方が
検索サイトで入力したキーワードです。
これを見ると沢山の方が手首で苦労しているのが分かります。
【2007/11/11 13:23】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
整形の手術は失敗が多いですよね。
職場の主任の姪御さんがヘルニアの手術を2回受けて失敗だったから、手術はしないほうがいいと言われてました。無理をせず、うまく付き合っていこうと。それでも続けたい仕事なので私もそう思ってました。状況が変わった今は分からないですが。
姉が交通事故で、大腿骨複雑骨折をした時も、1度失敗で、病院側にもう1度やらせて下さいと言われ、今度はうまくいきましたが、足が変形したままです。
肢体不自由なだけでなく他の病気も抱え(病気により肢体不自由の人もいますが、みな病気を重複して持ってます)呼吸器に繋がれ寝たきりだったりする職場の子どもたちのことを思えば、なんともない気がしてきました。
なんで私はこの仕事をしようと思ったのか忘れるとこでした。
人を責めることは自分が一番悲しくなるし、自己責任でもあるので、どんな結果でも受け入れようと思います。
管理人さんも、また、手術しないといけなくて、辛いと思いますが私も頑張るので、頑張って下さい!
病気や怪我にもきっと意味があって、学ばないといけないですね。
世の中には苦しんでいる人がたくさんいることを意識するのもそうですよね。
【2007/11/11 16:15】 | R.H #- | [edit]
まさに、サイトいじりで悪戦苦闘中にコメント頂きました。(爆
サイトいじる前に、記事更新しやがれってな声も聞こえてきそうですが…。(滝汗
こっちは雨です!(笑)

そうですね、
世の中には大変な思いをしてる方が沢山いらっしゃいますからね。
自分も頑張らないといけませんね。

【2007/11/11 18:03】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
はじめまして、今年2月にコーレス骨折になり3度の関節骨切矯正術の甲斐なく一昨日カパンジー方を受けました。できればこの方法は取らないほうがいいかとおもいます。回復にむけがんばってください。
【2007/11/15 23:46】 | ジュン #- | [edit]
ジュンさん、はじめましてこんばんは。
ようこそお越し下さいました。
コーレスでそこまでいっちゃいましたか、大変でしたね。
カパンジーは悩んでます。出来ればしたくありませんが…。
尺骨が不安定なのと可動域制限、手根骨の影響を考えると、
カパンジーで固めるのが確実かなって気持ちも少々あります。
貴重な情報、励ましをありがとうございます。
また、何かありましたらコメント頂けると有り難いです。
ジュンさんもまだまだ大変だとは思いますが頑張って下さい。
【2007/11/16 22:55】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
実は私は西洋医学派の鍼灸師なんです。コーレス後にDRUJにおいて尺骨背側脱臼および関節面に画像診断では確認できないほどの小さな突起が受傷時の陥没骨折により発生しました、それにより回外時のロッキングが発生しました、これは局所麻酔下で運動神経を残した状態で観血的に確認してもらいました、受傷時の損傷部位は撓骨遠位端部骨折、尺骨茎状突起骨折、尺骨遠位端部陥没骨折、尺骨背側脱臼、尺骨神経不全麻痺、伸筋腱損傷(手関節背側を通る腱はほとんど再建困難とのことでした)、以上が損傷していました。受傷当日創外固定を行ない6W固定しましたが最終てきにカパンジー法しか選択可能なオプションがなくなりDrにお願いしました。執刀医は手の外科専門医です。いまは術後の激痛と闘ってます、はっきりいって受傷したときよりいたいです。固定除去後が楽しみではありますが。仕事柄多少のことは専門的に説明できると思いますのでなにかあればどうぞお聞きください、それではお互いがんばりましょう
【2007/11/18 01:24】 | ジュン #- | [edit]
ジュンさん、こんにちは。
鍼灸師さんなんですね。仕事柄、手首が悪いと大変ですよね。
それにしてもかなりの重傷ですね。
>局所麻酔下で運動神経を残した状態で観血的に確認…
そうそう、私の執刀医は全身麻酔下で「可動域は確認した」と言ってましたが、
麻酔下で筋肉が弛緩している状態での関節のアライメントと
覚醒時の筋緊張がある状態での関節アライメントは違いますからね。
ベテラン医師はその辺も考慮して切断量を計算するんですけどね。
と、愚痴っても時既に遅し。
>いまは術後の激痛と闘ってます、はっきりいって受傷したときよりいたいです
あ~、痛いでしょうね…(汗
想像するだけでも痛いです。

普通の人なら手首は荷重関節ではありませんが、
マッサージ師だとある意味、手首は荷重関節なのでがっちり固めるのが
いいのかなって気もしています。
ただ、手首自体の動きをかなり制限されてしまうと困りますけどね。
どっちにしろ今のままだとマッサージはおろか普通の手首を使う様な仕事も
ムリですからね。
そろそろ決断せねばなりません。
これからも経過情報など頂けると有り難いです。
よろしくお願いします。
【2007/11/20 12:16】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
こんばんわ、私も手技はかなりやるほうなので手関節は荷重関節になります、術後の痛みは少しマシになりましたが荷重に関してですが軸圧方向に対しての力は近位方向にも遠位方向にも安定しています、これはやはり撓骨9対尺骨1という荷重の配分のとおり満足できるものですが、横方向への荷重、前額面、矢状面に対し平行の荷重は明らかに撓骨か荷重方向に移動しています、まあ当然といえば当然のような気がしますが、それに対しての説明がなかったのが残念です。その方向の荷重は2本の骨で支え合いますから当然ですよね、そのあたりに考えが巡らなかったのはプロとして情けないですね。麻酔下で観血的にと書きましたが、浸潤麻酔で手関節周辺のみに麻酔をかけ回外筋やその他前腕の筋を動かせる状態でしましたから、筋弛緩というかブロックしてないので完全に随意運動可能な状態で確認しました、骨には麻酔効いてませんしね・・・   私は24才なんですがこの年でカパンジー法を受けた人は少ないでしょうね、また近況報告しますね
【2007/11/25 00:19】 | ジュン #- | [edit]
ジュンさん、こんにちは。
痛みが少しマシになり何よりです。
たしかに、長軸方向はほとんど橈骨でしょうけど、横方向への荷重は
回内外も加わった状態では橈尺骨への荷重バランスはかなり変わりそうですよね。
>私は24才なんですがこの年でカパンジー法を受けた人は少ないでしょうね
そうですね、RAの方や高齢者の遠位端骨折等での適用が多いみたいですよね。
ただ、カパンジーを薦めた医師も言ってましたが、
「現場復帰にはこれが一番早いだろうね」との事でした。
【2007/11/25 10:58】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。

腰をお大事に。
【2008/03/13 22:19】 | 腰痛アドバイザー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://r134super.blog88.fc2.com/tb.php/126-07c6f1ed

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。