スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

術前検査

 2008-03-01
術前検査に行って来ました。

その前に、2月26日に管理人のみへのコメントを頂いたMさん、
返信が遅くなりましたが、メールを送らせて頂きましたので、
ご確認下さい。


さて、

今週はじめに術前検査の為に病院へ行き

血液検査等をすませる。


2週間前の診察で約1年振りに執刀医が、

一瞬、御登場!

「どうですか?」の問いに

可動域制限を伝えると、立ったまま、

腕に触れる事無く

「徐々にならしていくしかないね~」と

相変わらずのコメント。

内心、

「いや、もう1年以上経つんですが…」と思ったが、

執刀医は「まだ。若いから~」と

その場をあとにする…。

あいかわらず、淡々というか、そっけないというか…。


で、今週始めの診察にもまた登場。

執刀医は、また、「どうですか?」の問いを…。

「いや、…」「特に…」と言おうとすると、

違う患者の別のタイプのプレートの入った

左手の手首のレントゲンがあり、

それを見つつ、

「左手?」

「いや、右手です…」と私。

「最初、○○先生の所から来た方…?」

「はい」と私。

1年振りですから、覚えてないでしょ。と内心思う。

紹介してもらった意味、一切無し…。

これなら、自分で調べた慶応に行っときゃ良かったぜと…、

またまた、内心思う。

腕を持って可動域チェック。(めずらし!)

すると、

「中で、グチュグチュいってるね」

「炎症がおきてるな~」と執刀医。

回内・回外動作を他動的にすると

「ゴクン、ゴクンって音がするね」と執刀医…。

私が

「たぶん、ECUがプレートにひっかかってる音だと思います」

と、言うと、

「そうだね~」と執刀医。

「わかりました」と

またまたその場を立ち去ろうとする執刀医。

横にいた若い担当医が、

「来月頭に抜釘を」と

言おうとすると、

「そちらで決めて」と

執刀医はそそくさとその場を立ち去ります。

まあ。お忙しい大先生でいらっしゃいますから…。

仕方ないんでしょう。


患者って、

元気なら病院には来ないし、

何かしらの不具合があるから病院行って、

不安だらけで診察受けて、

少しでも良くなりたいから、

一大決心で手術を受けて…。


確かに病院サイドからすると

忙しいし、大変なのは

重々承知です。

一人一人の患者に

事細かく対応出来ない事も

良く分かります。


だけど、

実際、整形外科に勤務して

診察の補助に何度と無く入って、

そこの院長の

患者に対する真摯な接し方を

見て来た人間からすると、

「こんなにも違うんだ~」と

あらためて思う…。



独り言が長くなりました。


さてさて、

愚痴はこの辺にしときましょう…、


数日後には手術です。

タグ : TFCC損傷 手術
コメント
管理人さん、こんばんは。
私の場合も、執刀医とはほとんどお会いできず。
普段の定期検診も、若い担当医の診察が多いです。
ですので、執刀医よりも担当医の方が親近感が強いです(笑)
>中でグチュグチュいってるね
>炎症がおきてるな~
抜釘目前でそのような状況…大丈夫なんでしょうか??
入院・手術、いよいよですね。無事に早く退院できる事を祈っております。
【2008/03/01 18:35】 | 響香 #iuvM2DXA | [edit]
響香さん、こんにちは。
>執刀医よりも担当医の方が親近感が強いです
私も同じです。(笑
>抜釘目前でそのような状況…大丈夫なんでしょうか?
おおもとの原因を取り除かないで炎症だけ薬で抑えても意味ないですからね。
激痛では無いので無視してますが、悪化しない事を祈るのみです。(笑
服を着る時や布団を敷く時等、何かをつかんで引っ張るような動作で
痛み出るのがムカつきます。
(こんな症状、術前には無かったので)
>入院・手術、いよいよですね
ちゃっちゃっと終わらせてきます。
1日も早く金属とも病院ともおさらばしたいです。(爆
【2008/03/02 11:16】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/03/04 23:36】 | # | [edit]
Hちゃんさん、
コメントをありがとうございます。
無事、
生きて帰ってきました。(笑
また、孤独なリハビリを
頑張ります。
【2008/03/07 11:45】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
介護職員です。昨年8月に左手首を痛めて10月に悪化。装具を作り、一度はよくなりかけていたのですが、4月の人事異動で部署がかわり、また痛みが激しく...手術をすすめられました。また同じ職場に復帰できるのか不安です。
【2009/05/28 20:26】 | ミラ #- | [edit]
みらさん、はじめまして。

コメントの返信が遅れまして申し訳ありません。

>装具を作り、一度はよくなりかけていたのですが
>また痛みが激しく...手術をすすめられました。

あ~、ですよね。
なかなか手首は安静にしてても良くなりませんよね…(汗

>また同じ職場に復帰できるのか不安です。

ミラさん疾患名が何か分からないので、何とも言えませんが、
尺骨骨切りなどの手術をすすめられているのだとしたら、
比較的この手術の成績はいいと思います。

管理人の僕の運が無かっただけで…。

手の外科専門で実績のある先生に判断を仰ぐのが良いと思いますよ。
手術をする、しないの見極めがやはり重要だと思うので。
【2009/06/01 20:09】 | 管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
病名はTFCC損傷です。尺骨を短く切るか患部をシェービング?する方法のどちらかでテニスプレーヤーの半数が手術しているとのこと。病院によってはレントゲンでは異常がないから湿布を貼って様子をみて下さいと言われましたが...そう言われる度に骨折していなければ異常ではないんですかぁ?と泣きたくなります。今日地元では有名なスポーツ整形の先生に診てもらう予定です。やっと予約がとれたので...私は手首に靭帯があることも知らなかったので、日常生活において、なんでこんな簡単なことが出来なくなったんだろうって思うことが多々あります。まわりにわかってくれる人が少なく(移乗さえしなければ大丈夫だろうと思われがちですが、細かな作業でも痛みます)職場には手首が痛いっていう人はいますが、ブログに載っているような重症の例は身近にはなく、ブログに感謝しています。
【2009/06/02 05:44】 | ミラ #- | [edit]
スポーツ整形の先生にみてもらいました。でも手の専門の方ではなかったのかTFCCの日本語名はあいまい...のようでした。TFCCが切れてしまう場合があるが切れても時々支障があるとしても普通は大丈夫とのこと。私は医学のことはわからないので、ニュース等で足の靭帯だんれつとか聞くと大怪我だというイメージがありますが、靭帯って切れても自然につながるもの?それとも切れた状態でも生活できるから放置してもよいということ?なのかそれすもら分かりません。靭帯が切れてるかどうかは不明ですが、レントゲン撮って尺骨はむしろ短いくらいだと言われました。以前別の病院でわずかに長いと診断されたのですが...骨が細いとよく言われます。来週MRIをとって原因がはっきりしたらその部分を取り除いたら痛みはなくなるので手術するか考えてみては?注射や装具での固定等やりつくして約一年が経過しているならあとは手術するかしないか...だと言われました。
【2009/06/02 21:54】 | ミラ #- | [edit]
ミラさん、返信遅れてすみません。
http://r134super.blog88.fc2.com/blog-entry-193.html
こちらの記事で返信内容を書いてますので、御確認下さい。
【2009/06/10 02:10】 | 管理人 #Vh2QI6P. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://r134super.blog88.fc2.com/tb.php/141-c942f97e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。