スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

最先端医療機器開発に期待

 2008-04-05
今さっき、

ワールドビジネスサテライトで
放送されていましたが、

新しい3D-CTが
開発されてるそうです。

動画版の3D-CT。

すごいです!

もちろん、
脳や心臓など、
命に関わる疾患に
大きく貢献する事は
間違いないでしょうが、

何と言っても、

動きに直結してる
整形外科の進歩には
とてつもなく
貢献するのではないでしょうか。

実際に動いている骨を
スライスしながら撮影できれば、
静止画像では分からない
色んな事が分かる。


患者さんの、
説明しづらい痛みの原因が
分かるようになる。

適切な治療が受けられる。

尺骨突き上げ症候群、
TFCC損傷には
非常に力強い最新機器に、
今後なって欲しいですね。

その
3D-CTは
いつ、
販売はされるのでしょうか?

国が支援している
プロジェクトだそうです。

ぜひ、
これからも
医療の発展の為に
力を注いで頂きたいものです。

コメント
こんばんはぁ!
夜中に更新ですね…うれしいです。
ってか管理人さんは情報通ですね…3DのCTが出来るなんて…
医療は日々進歩してるんですね
私は、明日抜糸に行ってきます!傷の具合を見てきます(汗)
【2008/04/05 00:39】 | はんちゃん #- | [edit]
こんにちは
動画だと色んな角度から、詳細な診断が可能ですよね
私がTFCC損傷の診断を受けたクリニックのMRIは動画で、画像を見た先生に「20代じゃなく、50~60代の関節」って言われました(苦笑)
それくらい詳しく分かるんですね

この前の管理人さんのコメントを参考に して、ネットで小指側の腱炎を調べてみました
尺側手根伸筋腱炎っていうそうですね
長いですね(笑)

何度も注射するのは良くないと聞きますが、また次の診察で痛み止めの注射の気がしてます(苦笑)
【2008/04/05 10:04】 | Makiko #- | [edit]
はんちゃんおはようございます。
>3DのCTが出来るなんて
3DのCTは以前よりあったのですが、さらに動画で撮影出来るそうです。
>明日抜糸に行ってきます!傷の具合を見てきます
あ~、抜糸ですね。傷痕が目立たないと良いですね。
【2008/04/06 09:04】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]
Makikoさん、おはようございます。
MRIの動画で軟部組織を確認して、CTの動画で骨を確認出来れば
医療技術は相当進歩するんじゃないでしょうかね。
ただ、一回の検査代は相当なもんになりそうですが…(笑

>尺側手根伸筋腱炎
そうですね。これはTFCC損傷と間違えられやすいそうです。
が、よく調べれば分かる気がしないでもないですが…(汗

>何度も注射するのは良くないと聞きますが

最近は非ステロイド系の鎮痛剤を使うとは思いますが、
ステロイド系の鎮痛剤は良く効く反面、繰り返し使用すると
腱が硬くなるリスクがあり、アキレス腱炎などで使用しすぎると
切れ易くなると私は習いました。
ステロイド、非ステロイドは症状に応じて他の成分と混ぜたり
色々と使い分けるとは思いますけどね。
【2008/04/06 09:16】 | ブログ主改め管理人 #Vh2QI6P. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://r134super.blog88.fc2.com/tb.php/155-1f76b390

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。