スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

やっぱり手首の靭帯がゆるい?

 2009-01-23
前回は手首のサポーター(マヌヒット)の話しをしましたが、

なぜ、今更手首を固定しようかと思ったかというと、

これ↓。

手首 サポーター 腱鞘炎

骨切り短縮術の術前説明の時にサラッと言われたのが、

「手の甲の尺側(小指側)が落ちてるんだよね~」と。

この上の手首の画像で見ると、

1の線の面に対して、2のラインが傾いてます。

(普通の人も若干は傾いてますが、角度量の問題)

ま、尺骨が浮いてるので余計にそう見えるのもあるんですが…。

手首の靭帯がゆるいから落っこちてるんでしょうね。

そして、こちら↓は、

普段の少々浮き気味、亜脱臼気味の尺骨の遠位端です。

手首の痛み

で、こちら↓が、

力を抜いて手を机に置いた状態での、

尺骨の遠位端。

手首が痛い

このくらい、一気に沈み込みます。

で、手首を浮かせると、またポコッと

浮き上がります。

マウス操作等で、手首をついてこの状態でいると

手首が痛くなって来ます。

数分おきに手を振るとバキバキと音がして、

すっきりします。

なので、このゆるい手首を固めてしまおうと

マヌヒット(手首サポーター)の登場です。(笑

…いまさらムリでしょうね。

わかっちゃいるけど悪あがき。

カテゴリ :TFCC損傷・尺骨突き上げ症候群 トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。