スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

松村邦洋さん、東京マラソンで急性心筋梗塞による心室細動だった。

 2009-03-23
うわぁ~、危ない…(滝汗
心室細動って非常に危険です。

あらためて、AED(自動体外式除細動器)の必要性と
早急な治療の重要性が分かりますね。

心臓は左右の心房と左右の心室の4つに別れています。

まず、全身を巡った血液が大静脈から右心房へ入り右心室へ行き、
そして肺動脈を通って肺に流れ込んで、酸素を沢山含んだ血液になって、
肺静脈から再び左心房に戻って、左心室から全身に血液が行き渡ります。

右心房、左心房はそれぞれ、大静脈、肺静脈からの血液を受ける部屋、
右心室、左心室はそれぞれ、肺動脈、大動脈へ血液を送り出す部屋。

心臓が規則正しく脈を打てなくなり、
文字通り細かい動き(痙攣のような状態)になるのが、
細動。

細動には心房細動と心室細動と2つがありますが、
病気が発生してから、より一刻を争うのが心室細動なんです。
なんせ、心室はそれぞれの動脈に血液を送り出す装置ですから。

血液が全身に送り出せなくなったら、体中が酸欠です。
脳にも酸素が行きません。

気絶します。

そして数分で命取りです。

突然死の代表です。

AED(自動体外式除細動器)って、こういった突発的な心疾患に対応する為に
駅やら公共の場に最近設置されてます。

松村さんの場合は、発作後直ぐに係員が駆けつけて心臓マッサージなどの
応急処置を行って、すぐに医師によりAED処置が施されたみたいですね。

自分が良く行く公共の場や、主に利用してる駅での
AED(自動体外式除細動器)の設置場所は、
何かしら、不測の事態に備えて確認しておいた方が良いですね。(汗


松村邦洋さんが東京MXテレビなどで頑張ってリポーターをやってる姿を
よく見てました。ホンワカした芸風も好きなんです。
電波少年のころはかなり無茶な事ばかりやらされてましたが…。

東京マラソンに出る事も知っていたんですが、
まさかこんな結果になるとは…。

東京マラソンに向けてのトレーニングやシューズ選び等をしてる番組を見ていて
頑張って欲しいな~と思っていたんです。

当日も「松ちゃん、今年こそは、タイムオーバーにならないで走れたかな?」
と、気にしてた矢先、口から泡を吹いて心肺停止で倒れたというニュースを見て
「え~~~~!!!???、まじ~~~???」って思いました。

マラソンするには、少々体重がね…汗。

かなり心臓に負担かけますよね…滝汗。

とにかく今は体を休めて、ちゃんとに精密検査をして、
しかるべき治療をして、また元気な姿でモノマネをしてる松村邦洋さんを
1日も早く見たいですね。

元気に復活される事を祈ってます。

カテゴリ :健康について トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。