スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ユーチューブによるTFCC損傷の関節鏡動画その1

 2009-04-24
なかなかTFCC損傷の手術風景ってイメージし難いと思いますが、
YouTube(ユーチューブ)で参考になる動画がアップされてましたので
紹介します。

少々、生々しい動画ではありますが、自身の病状や手術模様等の
詳細は知りたい人も多いと思います。
そんな方々の参考になるかと思い、動画を掲載してみました。



まず、関節鏡手術(検査)風景から。

これは、実際にTFCC損傷の検査で関節造影をされた方なら
分かると思いますが、ネットに指を入れて吊るした状態です。
こうやって吊るす事で、手首の関節腔を開きます。
この状態で関節内の検査や手術を行います。


TFCC損傷の関節鏡手術風景

TFCC損傷 関節鏡手術


(直接動画を貼るとサイトが重くなるので、リンクを貼ってます)
(画像をクリックするとユーチューブのこの動画へリンクします)

(注:この動画は管理人が確認してますが、リンクをたどって違う動画を見ていくと
 中には、生々しい手術動画などもありますので、自己責任にてお願いします。)



次は、TFCCの裂け目を映してる動画です。

真ん中がぽっかり開いて、下から骨がこんにちはしてます。
尺骨が突き出てるみたいですね。

結構大きな穴が開いています。

TFCC損傷の関節鏡検査(TFCCの裂け目:中央部)

TFCC損傷の関節鏡検査


(注:この動画は管理人が確認してますが、リンクをたどって違う動画を見ていくと
 中には、生々しい手術動画などもありますので、自己責任にてお願いします。)



次回以降、

TFCCの辺縁切除術、縫合術、

プレートを装着する手術(CG、本物)

等を紹介します。

カテゴリ :関節鏡動画 トラックバック(-) コメント(2)
コメント
お久しぶりです。お元気ですか??

私も、あの動画のようにして手術を受けたのですね。主治医からは「腕を引っ張って――」
と言われていましたが、上手くイメージできず「??」って感じだったんです(^^;)
造影検査だと、腕を吊るして行うことが多いのでしょうか??
私も造影検査を受けましたが、主治医が腕を引っ張りながらの検査でした…。
【2009/04/26 19:01】 | 響香 #iuvM2DXA | [edit]
響香さん、お久しぶりです。お元気ですか。
こちらは相変わらずです。

>造影検査だと、腕を吊るして行うことが多いのでしょうか??
>主治医が腕を引っ張りながらの検査でした…。

あ、そうですそうです、勘違いしてました。
最初は台に乗って仰向けで造影剤を注入して、X線動画を見ながら
医師がごにょごにょと動かして何枚か静止画を撮ってました。

仰向け検査時に、医師が牽引しながら動画を見たら、月状骨の異変を見つけたので、
あらためて別の部屋で指サックをして数分牽引したのち、吊るしたままX線撮影をしたのでした。
月状骨の段差の確認と造影剤の漏れる範囲を見たかったみたいですね。
(手根骨のどのあたりの靭帯が切れてるかの確認)

この時の記事のヤツです。↓
http://r134super.blog88.fc2.com/blog-entry-11.html

【2009/04/26 22:48】 | 管理人 #Vh2QI6P. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。