スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

抜糸

 2007-02-28
退院の翌々日、診察に行きました。
最初の予定では抜糸はもう数日後。

担当医『あ、もうついてるね、抜糸しちゃう?』

疑問系で言われても…と思いつつ抜糸の方向で。
問題なければOKです、と心の中で思う。

担当医『若いから、つきが早いね~。』

久々に若いなんて言葉を言われました。(照れ
この調子なら骨もちゃっちゃっとつくな!と思ったのですが
大きな誤算でした…。

特に痛い思いもせずに抜糸終了~。(約、一週間で抜糸でした。)
 

こんな塩梅です。因にこの透明テープがこの間書いた記事のフィルムです。
右の画像の手首の真ん中にある赤い点は関節鏡をいれた跡です。一針縫ってます。

この数日後に今度は執刀医の診察を受けます。
このフィルムを べりべり~ と剥がされた時は痛かったですね。

抜糸した創は衝撃が加わらなければ開く事は無いとのお言葉を頂戴する。

痛みについて色々と話しをすると、

   骨格が変わったから!

という事をたびたび強調される。

手首の骨格が大きく変わった為、それに馴染むまで時間がかかる事、
手首が硬くなるので、しばらくは違和感がある等々、説明うける。

時間が経つにつれ、また回外障害に直面して、骨格の変化を
痛感している今日この頃です。

今のところ、この日以降執刀医の診察はありませぬ。
若手の担当医のみの診察ざんす。

タグ : 抜糸
コメント
骨格が変わったら、違和感あるでしょうね。
痛み取るために骨格を良くしても、今までの変わった(?)骨格に慣れてますしねー。
画像、フィルム貼ってるからかもしれませんが、傷あまり目立ってませんね。
やっぱり、若い方が治りが良いみたいですね☆
【2007/03/01 00:06】 | 響香 #- | [edit]
尺骨突き上げ症候群といわれてネットで検索してこのブログに出会いました。
抜糸おめでとうございます。大変でしたね。
私は経過観察ということで湿布を渡されただけなのですが、来月からリフレクソロジー(足もみ)のお店を開業する予定だったのをあきらめなければならいのか不安です。診断結果だけを聞かされたので・・・・。今後の治療とか日常に気をつけることとか・・・・何も聞いてないので不安です。やっぱり一生手首をかばわないといけないのかな?
とにかく早く主婦業ができるようになりたいです。今はご飯をよそうこともできません~~。
【2007/03/01 11:13】 | くにこ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/03/02 12:09】 | # | [edit]
響香さん、こんばんは。
そうなんです。変な骨格に30年以上慣れてるので、新しい骨格が馴染まなくて
もう~、大変です…(汗。
手首を回すとゴリゴリ音がします…。
【2007/03/02 23:38】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]
くにこさん、はじめまして、こんばんは。
ようこそお越し下さいました。

う~ん、細かいいきさつが分からないのでなかなか難しいところですが…。
まず、ご飯をよそう事も出来ないとなると、かなり痛みが強いですね。
痛みの発症のきっかけが何かという事が必要になってきますね。
手を突いたとか、捻ったとか、外傷がきっかけでTFCC損傷が疑われるならば、
早期治療として安静、湿布または固定などの保存療法がまず試みられると思います。
更には痛みを取るための注射など。(もともと尺骨がプラスバリアントでも)
思い当たる外傷のきっかけが無く、手首を普段より酷使した事も無い状況で
徐々に痛みが発症したならば保存療法での完治は難しいかもしれません。
(尺骨突き上げ症候群が基盤にあるので)
尺骨突き上げ症候群と明確に診断が下されているところをみると、精密検査は
したのでしょうか?
大抵レントゲン診断では尺骨のプラスバリアントによるTFCC損傷という事で
まず保存療法かな…と。一概には言えませんが…。
リフレクソロジーをされているとの事なので私と同じで比較的手首に負担を
かける事が多いかと思われます。
出来れば早期に手の外科専門医を受診されて、精密検査(MRI、関節造影)を
して、保存療法にしても痛みが強いですから、もう少し積極的にアプローチ
してくれる先生を探したほうが良いような気がします。
(でしゃばり意見ですいません)
不安でしょうけど頑張ってくださいね。
【2007/03/03 00:40】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]
ジャンさん、こんにちは。
お疲れ様でした。大変でしたね。今度こそは、ですね。

私のギプス期間という事ですが…、ギプスしてません。
退院後の生活は、ジャンさんと同じく日常生活のみです。
最初は動かすと痛みが(手首に)あったので、ほんとに軽い物しか持たなかったです。
数週間後に少し重いもの(1~2kg)をおそるおそる持ったら、やはり手首が
抜ける様な痛みがありました。一ヶ月位してからですね、痛みを確認しながら
2Lのペットボトルを持ってみたり、買い物袋を持ってみたり試したのは。
(ゆっくり、慎重に)
プレートの弛みに対しての注意は担当医に言われたのが、回外・回内等の
捻りはプレートにかなり負荷をかけるという事と、プレートの端をぶつけると
弛む原因になるので注意するように、と言われましたね。
今は、術後3ヶ月ですが、未だにペットボトルより重い物は持ってません。
大分、腕は細くなりました。
もし、何か不都合がありましたら、コメント下さればこの記事削除します。
頑張って下さい!
【2007/03/03 17:14】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]
こんばんは~
いろいろと助言ありがとうございました。
大変参考になりました。

しかし、ギブスしないで(以前に画像がありましたが)あの綺麗な骨切り部はうらやましいですね。。それにしても管理人さん詳しいですよね。

でも、また日常生活送ったら今度も緩む気がして....
いい加減もうごめんですからね。こんなこと繰り返してたらどうなってしまうのでしょうかねぇ~?
そうそう、管理人さんを見習ってニコレットで一週間禁煙したんですが、退院のタクシーの中で早速やっちゃいました。さすがにクラクラしましたよ(笑)

今週抜糸です。また異変がありましたら話し聞いてくださーい!
【2007/03/03 23:35】 | ジャン #VEIOABK. | [edit]
管理人さん こんばんは
回復状況はいかがでしょうか?
1~2kgを持つ恐ろしさ、共感いたします。
(1Lのパック牛乳満タンを口飲みすると、プルプル震えちゃって必死でした。)

私、術後50日(ギブス外して12日)となりました。
回外運動は、思ったよりキツく、治るのか、この手は!?といった感じです。
現在、左手の平は45℃にチョップを打つ感じの回外状況、そこから先には回りません。おまけに肩を大きく回すとやけに痛くて・・・。なぜだろう?

私の場合、尺骨の突端が骨折しており4m角の骨片が手首にそのまま残っていて、そのせいかなと思ったりもします。その骨片は相当以前の骨折で、骨片と尺骨の間が2mm近かったと記憶しています。
骨折部はすでに肉を巻いており、手首の半月板みたいなもの?もすでに損傷している可能性が高いので、短縮術のみを行ったという経緯です。
(写真あれば見せたいところですが)

まだまだ先は長そうなので、焦らない様に頑張っていきます。
管理人さんの回復がみんなの励みになるので、早く復活されることを願います。
では失礼します。



【2007/03/05 00:08】 | 武道家 #- | [edit]
武道家さん、こんばんは。
リハビリ頑張っているみたいですね。
新しい骨格が体に馴染むまでは時間がかかりますね~。不安を覚えます。

>手首の半月板みたいなもの?もすでに損傷している可能性が高いので、短縮術のみを行ったという経緯です。

TFCCの損傷が考えられるので、短縮術にてTFCCにかかる圧を下げようって事
でしょうね。

武道家さんも、骨片抱えてらっしゃるんですね。お互い要らないものが残ってて
大変ですが頑張りましょう!
プレートの弛みに注意しながらひたすら、回外!回外!です。(笑


【2007/03/05 00:55】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://r134super.blog88.fc2.com/tb.php/37-57f0fdc4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。