スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ROM(関節可動域)

 2007-03-26
関節可動域 (Range of Motion:ROM

回外:自動(active)では、このくらいですね。



 このあたり(橈骨遠位端)を掴んでガリガリ回外しているのですが、
 この位の角度でロックします。
 ここから更に『うおりゃ~』と一押しするのですが、
 骨がきしむ痛みです。(汗
 バキバキ音がします。(2回に1回くらい)
 DRUJがOAになりそうです。(文献にそのような報告もあります)
 
以前にも書いた、近位での回外、中間部を掴んでの回外、遠位での回外を交互にやって、
骨間膜も伸ばしていかないとダメですね。ってか、やってるんですけどね。(汗
(四指・母指を橈骨・尺骨の間に置いて、両方の骨を広げるイメージで回外)

あとは、手首周りのマッサージも入念にやって屈筋支帯・伸筋支帯・etcを弛めねば。
本当は第三者にマニュピレーション的な遊びを関節につけてもらうのが1番なんですが…。
いかんせん、自分では一本しか腕がないので限界多すぎです。

OT(作業療法士)さんがついてくれれば…。

朝・昼・晩、通勤途中、等々、暇さえ有ればやってるんですけどね…。
二ヶ月やって、これなんすよ~。

もう無理?、症状固定?

なんて気持ちも、ちらほらと…。 


 母指球あたりを掴んでの回外。
 手首の関節腔の遊びがあるので、上の画像より手の平は上を向きます。
 
 真の回外は、肘をピッタリ脇(体幹)につけて、肘屈曲90度の状態で、
 体を真っ直ぐにして行います。体を真っ直ぐには結構重要です。
 硬いとどうしても体ごと傾いて手の平を上に向けようとします。(無意識に)
 トリックモーションってやつです。

また、肘が体幹から離れて少し伸展位(伸びた状態)だと、回外した時に
上腕骨の外旋(肩を軸とした)も加わるので、見かけ上、角度が出ている様に
錯覚します。これもトリックモーションです。

たまに、可動域 (ROM )のチェックを他動(passive)にて、してもらうのですが、
母指球掴んでの、肘が軽く伸展した状態にて…。

『けっこう、角度出て来たね』と言われます…。

トリックモーション出まくりです…。(心の叫び)

『DRUJ的には角度が出てません。』とか言って
神経質と思われるのも嫌なので、黙ってますが…。 

コメント
>肘をピッタリ脇(体幹)につけて、肘屈曲90度の状態で 、体を真っ直ぐにして…
ちゃんと決まってるんですね!!手首の動きって、肘・肩も関係してくるんですねー。スゴイですね!!
私最近、回外・内がだいぶ動く様になってきたと思ってたんですが、さっき、記事に書かれている様に、肘を90度で…って、きちんとした状態で動かしてみました。
手の平がきちんと上に向くのは、肘を少し伸ばして、しかも身体の方に動かしていたからでした…。同様に回内は、肘を外に動かしてたからでした…。角度以前に、肘の位置もかなり変な姿勢をとってたみたいです;;
せっかく喜んでたのに、事実が分かってちょっとショックでした(^^;)
【2007/03/26 13:08】 | 響香 #iuvM2DXA | [edit]
>手の平がきちんと上に向くのは、肘を少し伸ばして、しかも身体の方に動かしていたからでした…。
そうですね。
回内はトリックモーション(代償運動)が結構効くので何とかなりますが、
回外はトリックモーションの効く幅が少ないからきついですよね。
肘をへその前に持って来るくらいでいっぱいいっぱいですよね。(笑
相当、おかしなカッコになりますが…。釣り銭受け取る時が不自然です。
本人(私)はいたって一生懸命です。
【2007/03/26 22:41】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://r134super.blog88.fc2.com/tb.php/55-6740e376

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。