スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

定期診察

 2007-04-17
約一ヶ月半ぶりに定期診察に行って来ました。
やはり、デジタルは写りが違いますね。線がクリアに出てます。(汗
 (実際はもっと鮮明です)






しばし、整形外来に持って行く前にマジマジとチェックです。
 黄色い矢印の先に見える黒い穴が、しくじって貫通させた穴です。
 そこの陰影(黒さ)に比べると、赤い矢印の先の線はうっすらと白く、
 もやがかかった感じなのでやはり仮骨が出ているのでしょう。
 担当医はその穴については一切触れませんが。(笑




DRUJが白くなっているのが気になります。(赤い矢印)
 担当医に『重なって白く見えるのでしょうか?』と聞いてみましたら、
 『そうでしょう』との事。
 だったら良いのですが…。骨が重なって見える白さと範囲が何か違う様な…。
 ストレスかかっての骨硬化な雰囲気が出てるんですけど…。(汗
 ここに圧痛も軽くあるし、回外すると痛いし。
 黄色の矢印のところも痛みます。
手首が相変わらず”ゆるい”旨…

…と、一通り伝えて、
『突き上げによるOA阻止なのでね、この位引き下げないとね~。』
『1ミリ位は余らしても良かったかも…。』
と、担当医。
正面像では私の見る限り3ミリが妥当ではないかと。橈尺ラインは
ちょうど良い感じがします。(素人判断)
ただ、おかげで。DRUJはぶつかってますが…。
文献にDRUJのOA報告もあるのでそれが心配です。

診察の締めに担当医から、
プレートの弛みは大丈夫。
仮骨の出は今イチ、長い目でと…。
抜釘は1年半~2年後かな…と。
次の診察は、二ヶ月後にしましょう。

と、お言葉を頂戴して帰路につきました。

術後約20W(約四ヶ月半)(140日)

 
タグ : DRUJ OA
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://r134super.blog88.fc2.com/tb.php/67-5fbdeb2b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。