スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Sauve-Kapandji手術

 2007-04-26


Sauve-Kapandji手術(ソーベ・カパンジー)手術といい、
主にRA(リウマチ)の患者さんや高齢の患者さんの変形治癒骨折に
用いられる手術です。

いわゆる、遠位橈尺関節傷害に対する手術ですね。
手関節部分固定術なので、青壮年者にはあまり適用されませんが…。

DRUJを骨癒合させて、そのままだと回内・外の傷害が出るので、尺骨を
隙間を空けて切りっぱなしにします。(見ただけで怖い手術ですね…。)

私の場合は、

回外制限
尺骨の不安定さが改善されてないのと、
手根骨(月状骨)の影響、
仕事の兼ね合い、
と、あらたに生まれた、回外時のDRUJの除痛の為に

この手術が良いのでは?との事です。

仕事柄、手首に負担をかけるので、多少の動きを犠牲にしても
手首の安定性を重視した方が良いみたいです。
確かに、回内外すると月状骨近辺も痛いですし…。(悪化の恐れあり)

術後のリスクとしては多少の可動域制限、まれに近位橈尺関節(肘)の
不安定性などの問題があるそうです。

左手首にこの手術かなとは思っていましたが、まさか右腕まで…。

って、もしそうなら、まるっきり骨切り無駄だったじゃ~ん。

金と時間と辛さを返してってな感じですよ…。

因に左腕を見せると、
『掌側脱臼はめずらしいよ』
『骨間膜が断裂しないとならないからね』
と、
つくづく、トホホな両手首ですね…。

いい加減、もう面倒くさくなってきます…。

何もかも捨てて、どこか遠くへ逃避したいですね…。

一ヶ月後に3D-CTです。

コメント
なるほど。DRUJを骨癒合させるんですねー。
だから、尺骨を切り離すんですね。んー、短縮より怖い気が…。
掌側脱臼は、めずらしいんですかー。
やっぱ背側脱臼の方が、割合的に多いんですかね?
3D-CTは一ヶ月後ですか、、、
【2007/04/26 17:13】 | 響香 #iuvM2DXA | [edit]
骨格というか…、手首の構造が変わるので、
色んな意味で怖いですね…。
【2007/04/27 12:05】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]
DRUJってなんですか?
明日、この手術に介助でつくので心配です・・・。
病態は少しわかりました;
【2007/09/27 00:23】 | mimi #- | [edit]
mimiさん、はじめましてこんにちは。
ようこそお越し下さいました。
>DRUJってなんですか?
DRUJとは遠位橈尺関節の事です。橈骨と尺骨の隙間(関節)ですね。
ここのバランスが悪くなり痛みなどが出ると、この手術をする場合があります。
>明日、この手術に介助でつくので心配です
そうなんですか、心配ですよね。
手術がうまくいかれる事をお祈り申し上げます。
【2007/09/27 12:04】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/09/06 00:31】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://r134super.blog88.fc2.com/tb.php/74-68dab7e4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。