スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

禁煙について

 2007-01-16
はたまた、こんばんみ。
今回は禁煙TRYのお話しです。

喫煙歴は18年近くです。
最近では1日一箱吸ってました。
前から止めたいとは思っていたんですが、なかなか踏ん切りがつかずだらだらと…。
1回チャレンジした時は、徐脈、ふらふら、目がチカチカ、思考能力低下でほとんど動けず、
結局24時間でリタイヤでした。(笑

しか~し、さすがに今回ばかりはただでさえ骨癒合の遅延が懸念される手術です。
体中を一酸化炭素まみれにして、ニコチンで血管収縮させて血流阻害させる事は
してはなりませぬ。

入院当日、雨降る中、病院の入り口で最後の一本吸いました。
緊張してイッパイイッパイだったので、煙の喉の通りが悪く最後の一本はまずかった記憶が
あります。

OPE前日で夜から飯も水分も禁止になり、九時消灯などというあり得ない現実に吸いたくて
たまりませんでした。
そして…、
同部屋の人の殺傷能力あるんじゃねーのっつーくらいの爆撃音な、いびき!。
となりと斜向いがハーモニーを奏でてます。Orz

そこで、登場するのがニコレットクールミント。

…を、使いたかったのですが飲食禁止なので我慢しました。
翌日のOPE後も管まみれで右手は分厚く包帯で巻かれてるので、ほとんど動けずほぼ強制的に
禁断症状と戦ってました。
ただ、禁断症状より右手の痛み、管まみれでほとんど動けない体、前日にひきつづきのいびき地獄の方が苦痛だったので、禁煙で一番辛いであろう二日目はなんとか乗り越えました。

飲食禁止が解除になってから、ニコレットと普通のガムをひたすら噛みつづけました。
ほんとはニコレットでニコチン補給してたら意味ないかもしれないですね。(笑
そんなこんなで一週間の入院生活で36個のニコレットを消費して、たばこを吸う事無く無事
退院。ちなみに、たばこは骨癒合に悪影響を与えるだけで無く麻酔にもよくないそうです。

入院中は吸う所が遠くにしか無かったから良かったけど、家に帰ると誘惑だらけ。
禁断症状には心理的要因が私の場合は多々あるので懐かしい家に戻ると、ここでこんな時に
スパスパ吸ったなーって記憶がどんどんよみがえります。
しかし、折角1週間耐えたのにもったいない。このチャンスを逃したら禁煙できないと
ひたすら精神力でがまんがまん。
アレンカーの禁煙セラピーは読んだ事はあるのですが、心理的要因を払拭する事は出来てません。

そりゃーもう、吸いたい吸いたい。

しょうがないですよね。なんてったって、18年連れ添って片時も離れなかった相棒が突然、家を出て行ったんですから。(笑

そんな時はニコレットとガムです。あっつーまに口内炎出来ました。
まずいな、とガムくちゃくちゃよりフリスク&飴(龍角散のはスースーしていいっす)に変更です。
ニコレットも噛んでたら意味ないので徐々に数を減らし、12月中旬から脱ニコレットも達成です。

今日の段階で禁煙49日、脱ニコ35日です。
まだまだ喉がとても煙を欲しがります。
フリスク&飴&パイポは手放せません。
知人の話では3ヶ月経つと煙が逆に嫌いになるとの事なので、今はそれに期待しつつ、ひたすら耐えてる状態です。
喉のもやもやを解消するために結構食べるようになったので3~5kg太りました。
腹が減るとタバコで食欲を落としてたので覿面ですね。

以前、たばこを吸ってるときにニコレットを試したのですが、ニコレットでは吸いたい欲求を
全然解消出来ませんでした。(タバコがいつでも吸える状況だったから。また、アレンカー曰く、
心理的トリガーが働いて。)
ただ、今回の入院生活での吸いたい時にニコレットを噛むと結構、欲求度が下がったので驚きました。
禁煙しなきゃいけない時のニコレットは結構有効だと思います。
ただ、タイミングを誤ると、ニコレット中毒になるのでご注意あれ。

 

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://r134super.blog88.fc2.com/tb.php/9-a64f33aa

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。