スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

定期診察

 2007-06-26
リハビリ←右の広告にこのサイトと関係無い表示がされるので調整用に入れてます。

このブログの右のサイドバーにグーグルアドセンスと言う
ブログの内容に沿った広告を勝手に表示してくれるタグを貼って
みましたが、
 
 先程デカデカと ”19歳で一億円稼ぐ秘密” ってのが

表示されてましたが、いったい何でしょう?(笑)
サイトの持ち主が広告をクリックしてはいけないので内容がわかりません。w
私のブログはそんな内容では…!?w
そりゃ、欲しいですけどねw

今日は二ヶ月振りの定期診察でした。
相変わらず気持ちのよい仮骨は出てませんでしたが、線自体が
角度によってはうやむやになってきました。プレートから離れた所は
つながってきてますが、プレート直下は圧迫が強くて血行が悪いので
つきが遅れるそうです。


ちょっとピンぼけですね。ホントは外側にこぶのような感じで仮骨が出ると
いいのですが、骨同士の圧迫がかなり強く隙間が無いので出て来ないですね。
じわじわゆっくり骨癒合するのを待つしかなさそうですね。

痛みやら可動域は相変わらずでたいした進展は無しです。
パソコンのマウスに手を添えてる様な状態が少し続くと痛くなりますね。

担当医からの話しで(以前と少し違う?)TFCCへの除圧目的で
4.5mm~5mm弱の短縮だったそうです。それ以下だと除圧効果が弱いと。

う~ん、前と聞いた話しが違うでないかい。(汗
3~4ミリ弱だったはずじゃ…。
まあ、手術方針はそれぞれの医師の長年の経験も加味されてるので
一概には言えませんが、
専門書等の各医師による文献発表や先日のCT検査の時の医師の話しでは
4ミリ越えのカットはタブーと…。
いくら、短縮量が短すぎると除圧が不十分になるからって、その代償で
DRUJのアライメントが狂いまくって可動域制限出たら意味無いでしょ!
って思うんですけどね。
(まだ、経過観察だから何とも言えませんが…。)

抜釘時に関節鏡でDRUJを確認した方が良いと言われました。
DRUJ自体は軟骨面なのでシェービングは出来ないので、新たな手術で
関節を広げる様な事を言ってましたね。

詳しく聞かなかったので分かりませんが、関節広げるって、まさか
サルベージ法の類いで尺骨を縦に半分切るあれじゃないでしょうね。
予後は良くないのでそれは無いとは思いますが…。
信用出来ない今日この頃…。

皆さんも短縮される方がいましたら正確な短縮量を術前に確認された
方がよろしいかと。切ってしまってからでは遅いので。
4ミリオーバーのカットなら他の専門医の意見を聞けるとベストですね。
(難しいでしょうけど…汗)
(因に実物よりXP(レントゲン)の方が少し大きく写りますので。)

あと、カットも幾つか種類がありますし。
私の様に平に切るのは
ステップカットといって断面は少ないので癒合の遅れは懸念されますが
尺骨頭の接触面を回旋によって調整出来るメリットがあります。
まあ、私の場合、癒合遅延、アライメント不良のダブルパンチですが…。
ステップカットのメリット無し…。orz

タグ :
コメント
こんばんはー。あまり経過は順調では無い様ですね…。
>関節鏡でDRUJを確認した方が
やはり、DRUJにも問題があるみたいですね。
私の方は最近、整形外科に行ってきましたー。
(「経過観察しましょう」って言葉を2年ほど無視した結果、
罪悪感から元の病院に戻れず、、少し遠くの病院まで行きました…;;)
これまでの経緯を話したら「今度は真面目に通って下さいね」との事でした(^^;)
痛み止めの注射でごまかしながら生活してます。
【2007/06/26 21:20】 | 響香 #iuvM2DXA | [edit]
こんばんは。
少し遠くにいきましたか。w
痛み止めでごまかすくらいですよね…(汗。
毎日、常に使う部位ですからね。なんとかして欲しいものですよね。
【2007/06/27 22:08】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]
はじめまして。
ちょっと遅いコメントとなりますが・・・失礼します。
ちょうど18年前にこの手術をした者です。
私が手術した頃は、日本ではまだこの病名がつく前でした。
何年か前に先生にお会いしたときに「名前付いたよ!」と言われた時に検索しても全然ヒットしなかったんです。
腰痛で訪れた医院で、ついでにと手首も見ていただいたところ
大変だ!と専門の先生を紹介していただき、手術しました。
偶然近くの総合病院にその先生いらっしゃったので、幸運でした。

5ミリ以上はタブーなんですか?初めて知りました。
私は、左のみの手術できっかり6ミリ! 
」それでもまだ長いんですよ。しかも両方。
先生の腕もあったのかわかりませんが、手首に負担掛けない以外は術後は何の治療もしてきませんでしたが、問題ありません。
今は診察をサボってて分かりませんが、何年か前までは、治療前の長さも、短縮した長さも、確実に新記録保持者だったらしいです。(笑)
今は、手首に負担を掛けないようにしてますが
力の入れ方や手首の向きを覚えて、重い物も持つ事もあります。

力が入る部分だし、痛みも辛いですよね。
手術しても、その後ホントに良くなるのだろうかとか不安でしたが
リハビリして、徐々に稼動領域が大きくなってきたら以前とは違う世界が待ってました。

痛みとかで生活も大変でしょうが、頑張ってください。
また、ちょこちょこお邪魔させていただくと思いますが、どうぞ宜しく御願い致します。



【2007/07/15 13:41】 | がこ #- | [edit]
がこさん、はじめまして。こんばんは。
ようこそお越し下さいました。貴重なお話しありがとうございます。
すごいですね、6ミリですか!
4ミリ以上タブーなのは最近言われ出したのだと思います。
このくらいの長さをさかいに予後が悪くなるという線引きでしょうね。
データの実績が落ちるという事で、全員予後が悪くなるという事では
ないと思います。
実際は何ミリ云々より橈骨と尺骨の骨頭のアライメントが問題なんですね。
大抵の人だと4ミリ以上切ると骨頭同士がぶつかるおそれがあるので
切る量は慎重にねって事だと思います。
がこさんの先生はそこら辺のさじ加減がすばらしい先生だったのだと
思います。整形外科医はそのさじ加減の技術が腕を左右します。(笑
6ミリも長いとそうとう大変だったでしょう。
手術がうまくいかれて良かったですね。
また、何かありましたらコメント頂けるとうれしいです。
情報、ありがとうございました。
【2007/07/20 00:21】 | ブログ主 #Vh2QI6P. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://r134super.blog88.fc2.com/tb.php/94-a380f262

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。