スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

TFCC損傷についてアレやコレや

 2011-08-23
タイトルは適当ですが…すみません。

ブログチェックを怠っている間に3件ほどコメントを頂いておりました。
気がつくのが遅れて申し訳ございません。

2件は鍵付きコメントですので、その辺を考慮させて頂きます。


1件目は前回もコメントを頂きました医療現場に従事されていた方からのコメントです。

あまりズラズラと書いて不都合があるといけませんのでかいつまんで。

手術後にある症状が出現されたそうです。

あまり書くとアレなんであえて古い病名で「反射性交感神経ジストロフィー」の症状が出られたようで。

実際私も整形外科に勤務時、同様の患者さんがいましたので辛さはよく分かります。

とにかく痛みが強くて大変です。

その方はちょっと皮膚に触れるだけでも激痛で大騒ぎ。

治療中にタオルを体にかけるのも一苦労。

何がかわいそうって、本人の痛みをまわりがあまり理解出来ない事。

毎日、痛みで大騒ぎしてるので周りも呆れ気味。

でも、本人は本当に痛いんです。

じゃなかったら星状神経節ブロック注射とか頸に痛み止めの注射なんかしませんって。

手の甲などが真っ白になって血の気が引いてたりするので過剰に騒いでいる訳でもないのです。

中々他人に理解してもらえない疾患は辛いですよね。



>手術をしたら・・・と、仕事復帰のことをいろいろ考えていたけれど、復帰までの道のりはながそうですね。
>手術をして良かったのか悪かったのか、今更考えてみても仕方がない~


お気持ちは痛いほどよく分かります。
手術を決意した時の自分は「これしかない!」「手術したら仕事に復帰出来る!」と思ったから踏み切ったんですものね。

私自身は失敗したので悲観的な内容のブログになっていますが、最近コメントを頂いた方は術後がとても順調そうなので、こちらをご覧になるといいかもしれません。

ヤマちゃんさんからのコメント
http://r134super.blog88.fc2.com/blog-entry-199.html#comment577



もうひとり、柔道整復師の方からコメントを頂きました。

ドドスコと言いながら卑わいな手つきで施術をしてるお笑い芸人もどきの自称整体師についての記事に共感して頂いたそうです。

あれもひとつのマーケティングなんでしょうけどね、もう少しやり方を考えて欲しいですよね。

>手の可動性を上げる施術を行うだけで、腰や頸をはじめ足首にまでのアライメント改善に好影響を与えていることを知る、専門家は余りに少ないように思います。

それもあるかもしれませんね。

マッサージにしても肩こりは肩だけすればいいのではなく、腕はもちろんの事、足まで施術する必要性を感じます。

また、東洋医学の経絡治療などは全身を使って治療しますし。

それぞれの手技療法によってアプローチの違いはあるにせよ、人の体は部分では無く全体なので、全ての事象は関連性があると思われます。

なので、「手の可動性を上げる施術でアライメント改善に好影響」も納得出来ます。

カテゴリ :TFCC損傷・尺骨突き上げ症候群 トラックバック(-) コメント(1)
タグ :

TFCC損傷とか尺骨突き上げ症候群について

 2011-07-01
お久しぶりです。
去年は狂ったような猛暑で、今年は狂ったように早くから猛暑。
まったくもってどうなっているのでしょうか。

私の手首は相変わらずです。

使い物になりません。

最近はこのブログもすっかり放置していましたが、その間に何件かコメントを頂いております。

一人の方は尺骨が長くて痛みが出たので何かアドバイスをとのこと。

もう一人の方は手首の痛みがあり、普段からの改善に向けてのアドバイスや手術に向けてのアドバイスをとの事。

本当に申し訳ありませんが、私は手の外科の専門医でも医者でもありません。

確実にTFCC損傷および尺骨突き上げ症候群と診断されていない状態での判断はなかなか難しいです。

しかも私自身がさっぱり治っていない状態でアドバイスはなおさら難しいです。

今現在の個人的な意見としては、たとえ尺骨が長くても尺骨骨切り短縮術はオススメしません。

骨が長いという物理的にどうしようも無い状態だったので、私は手術を決心しました。

しかし、結果は最悪でした。

でも、コレばっかりはやってみないと分かりませんよね。

当時は、コレしかないと思い、決心して手術に望みました。

しかし、今の自分は西洋医学(特に整形外科)は信用していませんし大嫌いです。

手術前の自分に戻れるのならば、手術はしません。(当たり前ですねw)

代わりに、東洋医学を試します。

先ほども述べた尺骨が長いという物理的に長いものは、鍼灸ではどうしようもない気もします。

しかし腕には橈骨と尺骨という2本の骨があります。

その骨は肘と手首の関節や靱帯や筋肉や結合組織で構成されます。

西洋医学だと長い尺骨にしか目を向けません。

東洋医学なら腕全体、しいては体全体のバランスを見ます。

そこに何かしらの突破口が無いかなと探してみます。

また、整体や操体法なども調べます。

整体はどーしよーも無いところが多いので見極めは非常に難しいですが。

とにかく橈骨と尺骨のバランスを少しでも改善する方法を考えます。


コメントを頂いた方には本当に申し訳ありませんが、これが今の自分の気持ちです。

アドバイス出来なくてすみません。


もう一人コメントを頂いていますが、こちらの方は医療現場に従事されていた方。

骨切り術をされたが骨のつきが悪くセーフスを導入されたようです。

人工的に骨を切断するとなかなかつきませんね。

焦るお気持ちはよく分かります。

私も何ヶ月経っても仮骨形成が進まなく、全然つかなくて相当焦りました。

抜釘手術も延期しましたし。

手首の可動域制限もあり苦労されてるそうで。

回外にしろ回内にしろ可動域が出ないのは何かと不自由です。

それに痛みが伴ったらなおさらです。

医療の教科書には回内制限はトリックモーションが使えるから回外制限より楽だって記述されてます。

しかし、自分がなったら分かるけどとんでもない。

回外だろーが回内だろーが可動域制限が出たら本当に不自由です。

頭を洗う時やキーボードを打つ時、その他諸々不自由な時は多々あります。
トリックモーション(脇を開ける)では対処できない時なんてしょっちゅうです。

しかも先日の回内制限は回内時にいきなりマックスの激痛が走るので本当に凹みました。


と、話が少しずれましたが、痛みはなった人しかわからないし、辛さもわからない。

コメントを頂いた方の相談に乗る事が出来ず申し訳ない気持ちですが、
皆さんの症状が少しでも改善される事を切に願っています。



カテゴリ :TFCC損傷・尺骨突き上げ症候群 トラックバック(-) コメント(1)

手首が痛い

 2011-03-31
急に手首がほとんど動かせません。
大抵は半日で治まるのに今回は数日間続いてる。

手のひらを下に出来ないのでまいりました。
キーボード入力が困難です。

今も体を傾けて書いてます。
その体勢でもかなりの激痛です。

簡単に言うと手首をぎゅーっと締め付けられてる感じ。
握手した時にものすごい腕力の人に力一杯握られたような痛みです。

その強烈な痛みが手首に走ります。

骨と骨がぶつかる痛み?
何かが挟まってるのか?
とにかく痛い

遊撃手さんからメールを頂いたので返信したいのですが、
ちょっと出来ません。
すみません。
カテゴリ :TFCC損傷・尺骨突き上げ症候群 トラックバック(-) コメント(2)

セーフスで訪問される方が多いですね。

 2011-03-05
右のサイドバー中段に「検索ワードランキング」を乗せていますが、
当サイトに訪問される方で「セーフス」というキーワードで検索される方が
非常に多い事に気がつきました。

最近は病院で勧めるのでしょうかね?

骨折後の治療に使う病院が増えてのかな。
私のように骨を機械的に切断してつなぎ直す場合は
骨がつきにくいのでセーフスも検討しましたが、
自然骨折なら骨がくっつく仮骨形成もスムーズに行きそうなんですが…

最近は医療機関に従事していないので分かりません(笑)
昨今の整形外科業界の内情は…

興味無いし(爆)

整形外科は嫌いだし(笑)

と言うか、病院が、医者が嫌いだし(笑)

と言うか、嫌いになったし(笑)

しつこいですね、すみません。

最近は手首の橈骨側の関節腔の痛みが強いです。
尺骨側を手術したのに…

「なんでやねん!」
と、思わず関西弁が出てしまいます。(関東人です)

日に日に手首の痛みが増すので、数年後が心配です。
何にも負荷かけていないのにな~。

こんなんじゃ一生マッサージは無理だ。

ところで、「どどすこすこすこ、どどすこすこすこ」
と連呼しながら整体みたいな事をしてる人は免許持ってるのかな。

整体なのにマッサージもどきな事もしてるし。
トリッキーな揉み方だけど、やってる事は完璧にマッサージだし。

「マッサージ」って言葉を使うなら完璧に国家資格が必要だし。

しかも料金が21000円とかどれだけの達人やねん(関西弁 2度目)

九州にいらっしゃる鍼灸の達人でも通常料金だぞ。

好き勝手にメディアを利用してやるのは構わないけど、
真剣に本気で取り組んでる方々の品格を下げないで欲しいなと
切に願う今日この頃です。


この文章は完全に管理人の独断と偏見の独り言です。
カテゴリ :TFCC損傷・尺骨突き上げ症候群 トラックバック(-) コメント(2)

TFCC損傷の症状に対して思うこと

 2010-04-15
よく言われるTFCC損傷の症状には、

・ドアノブを回すと痛い
・蛇口をひねると痛い
・タオルを絞ると痛い  等、

要は、
手を尺骨側に傾けて力を入れると痛みが出ると
巷ではよく言われます。


で、整形外科を受診すると、

徒手検査で

医師と握手をした状態で、手首を尺屈させて、
そのまま、長軸方向(肘に向かって)に力を入れて
痛みの有無をチェックします。


また、
その状態で回内、回外させて
痛みの有無をチェックします。


これが一般的なTFCC損傷の徒手検査です。


…なのです、

がっ!


自分の場合、これで痛みを誘発出来ませんでした。


この徒手検査の精度はどうなんだろう?と。

確かに腕相撲の時、負けそうな状態で力を入れたり、
指圧時に力を入れると激痛でしたが。


また、
自分が思うに
完全に靱帯が断裂していたり、
損傷期間が長かったりすると出ない場合もあるのかなと。

私の場合は完全断裂で、尺骨が手根骨にぶち当たり、
軟骨が剥がれていましたから。


そのくらいの派手な損傷状態でも、
上記の一般的なTFCC損傷検査では、
さっぱり陽性反応が出ませんでした。


なので、最初に整形を受診して
検査を受けると


「ん?案外、大したこと無いんじゃない?」的な

嫌な空気が現場に流れます(笑

MRIで見ても
膝のように大きな靱帯では無いので
わかりにくいですし。

実際に手術を行って
内視鏡で関節内を見て、
初めて
手首の損傷状態があらわになります。


で、周りから、

「こんなにひどいのに我慢強いね」と

手のひらを返した、
要らん慰めの言葉を頂戴します(笑




コメントを頂いた方、
最近は返信をすっぽかして申し訳ございません。

何名かの方々に頂いたコメントを放置してしまってます。

手首に関しては色んな葛藤があり
返信出来る気分では無いので…。

近いうちに返信出来たらと思っています。

去年ぐらいから放置しているので
もう、ご覧になられてはいないと思いますが、

もう少々お持ち頂けると幸いです。

すみません。

カテゴリ :TFCC損傷・尺骨突き上げ症候群 トラックバック(-) コメント(4)
タグ : TFCC損傷 手首 症状
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。